埼玉県日高市に複合型ワーケーション施設「CAWAZ base」が2021年5月1日にグランドオープン!

2021年04月26日
最終更新 :
筆者 : 編集部

CAWAZ(カワズ)は、奥武蔵の自然環境に恵まれた埼玉県日高市高麗地区に、“働く”と“遊ぶ”を融合させたライフスタイルを提案する複合型ワーケーション施設「CAWAZ base」を2021年5月1日(土)に開業します。

都心からも車利用で約1時間で到着
都心からも車利用で約1時間で到着

CAWAZ baseの特徴

CAWAZ baseは、カフェのような居心地のいい空間で、テレワークやオンライン化による場所を選ばないワークスタイルを提案しています。また、豊かな自然環境のなか、BBQやキャンプ、トレッキング、サイクリングなどのアウトドア・アクティビティも用意しています。

高麗川の清流を望む森のなか、420坪の敷地に古民家をリノベーションしたカフェ&コワーキング棟やコワーキング会員専用のアネックス棟を中心に、ウッドデッキやトレーラーハウス、キャンプサイトを配置し、さまざまな用途に応じて設備を活用できます。カフェやコワーキングスペースの個人利用に加え、各種スクールやイベントスペースとして活用することも可能です。

CAWAZ baseの地図
CAWAZ baseの地図

「カフェ&コワーキング棟」は、築約60年の古民家をリノベーション。暖かみがありながら機能的なスペースとして生まれ変わりました。高麗川の清流をイメージした土間と縁台、開放感のある懐かしい室内空間を実現しています。Wi-Fi環境が整った空間でありながら、夏は清流の音を聴き、冬は薪ストーブで暖をとり、こだわりのコーヒーや食事を味わえます。
ワーケーション利用者はアクティビティとあわせ、シャワーブースの利用も可能です。

棟内のスペース
棟内のスペース

地元産の西川材を活用しリノベーションされた「アネックス棟」は、全席間仕切り対応、オンライン対応ブースを完備しており、原則24時間会員限定の利用が可能です。窓の外の緑、聞こえるのはせせらぎの音だけ。リモートワーカーが集中して仕事ができる最適な環境を提供します。また、アネックス棟には多目的に利用できる会議室も併設しグループでの利用にも対応しています。

川沿いでキャンプ
川沿いでキャンプ

カフェ&コワーキング棟とアネックス棟はウッドデッキで連結。高麗川に面した約30平方メートルのステージが作られています。普段は清流を眺めながらドリンクを味わい、屋外でパソコンを開いてワーケーションを満喫できます。また、ステージではコンサートや演劇、サークル活動などの屋外イベントの場所として多目的に利用できます。
このほか420坪の敷地を生かしトレーラーハウス、レンタルスペース、キャンプサイトなどの施設を順次活用し多様なワーケーションニーズに合わせて展開していく予定です。

アクセス&周辺情報

CAWAZ base近くの日和田山から始まる奥武蔵自然歩道、奥武蔵グリーンラインは手軽なトレッキングやサイクリストに人気のコースです。散策コースをたどれば1300年の歴史をもつ聖天院や高麗神社などのパワースポット巡りも楽しめます。

奥武蔵の金刀比羅神社
奥武蔵の金刀比羅神社

CAWAZ baseから高麗川沿いの遊歩道を歩いて5分ほどで遠足の聖地や曼殊沙華で知られる巾着田に着きます。また、少し足を延ばせばムーミンバレーパークメッツァビレッジを訪れることもできます。

ヒガンバナとも呼ばれる曼殊沙華
ヒガンバナとも呼ばれる曼殊沙華

CAWAZ baseの基本情報

郵便番号
〒350-1245
住所
埼玉県日高市栗坪46
アクセス
車:圏央道 圏央鶴ヶ島ICもしくは飯能日高ICから約15分
電車:西武秩父線高麗駅から徒歩約15分
駐車場
15台
※都心から、車で高速利用、電車は西武線特急利用で約1時間~1時間30分でアクセスが可能
利用料金
個人価格 (月額):入会金 (初回のみ) 10,000円、 会員証発行手数料 (初回のみ) 500円、平日 9800円、土日祝日 8800円、全日 13,000円
ドロップイン:1600円
※すべて税込、法人価格あり
公式サイト
公式サイト
Facebook
Instagram

・・・・・・・・・・・・・・
★最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において、グランドオープン時期の変更や短縮営業、休業の可能性があります。最新情報は、公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2021年4月22日現在のものです