ワーケーションとは

2022年08月08日
最終更新 :
筆者 : 編集部

ワーケーションは、Work(仕事)とVacation(休暇)を組み合わせた造語。

テレワーク等を活用し、普段の職場や自宅とは異なる場所で仕事をしつつ、自分の時間も過ごすことです。余暇主体と仕事主体の2つのパターンがあります。

出典:観光庁「新たな旅のスタイル」ワーケーション&ブレジャー
ワーケーション実施形態(イメージ) 出典:観光庁「新たな旅のスタイル」ワーケーション&ブレジャー
ワーケーション実施形態(イメージ) 出典:観光庁「新たな旅のスタイル」ワーケーション&ブレジャー

日本では以前より一部の企業や自治体などで取り組みが始まっていましたが、2020年7月に開催された政府の「観光戦略実行推進会議」で、菅官房長官(当時)は新型コロナウイルスの影響で、観光関連産業は大変厳しい状況にあると指摘したうえで「感染対策をしっかりと講じているホテルや旅館にかぎり、『Go Toキャンペーン』で宿泊代金の支援を行う。

感染対策と経済活動の再開の両立という基本方針に沿って、うまく活用していただきたい」と述べ、また同時に、旅行や働き方の新しいスタイルとして、リゾート地や温泉地などで余暇を楽しみながら、テレワークで仕事をする『ワーケーション』や、そうした地域に企業の拠点を設置する『サテライトオフィス』を普及させるため、ホテルなどで仕事ができるようWi-Fiの整備の支援に取り組む考えを示しました。
この発言が大きなきっかけとなり、日本でも「ワーケーション」への認知が高まりはじめ、企業や自治体、観光関連団体などが積極的に推進に取り組み、法制面も含め、整備が進んでいます。

地球の歩き方が考えるワーケーションとは

地球の歩き方が提案するワーケーションとは、
自分のやりたかったこと、ひそかな思い、を働きながら実現する!こと。
まとまった時間があれば、こういうことをしたい、してみたかった!と思っていませんか?
テレワークが一般的になり、働ける場所はオフィスだけではなくなりました。
地球の歩き方は、新しい旅のカタチとして、
「自分が本当はやりたかったことを体験しながら、働くこと」=ワーケーションを提案していきます。
日本を、世界を旅して、自分のやりたかったことを体験しながら、仕事もきっちりこなしていく。
それがこれからのワーク&トラベルスタイルです。