ワーケーションを活用したオフピークの有効活用とは

2022年08月22日
最終更新 :
筆者 : 編集部

ワーケーションを活用したオフピークへの誘導

日本の観光産業の特長のひとつとして、
◎繁忙期/閑散期が明確であることがあげられます。
・年単位…GW、お盆休み、シルバーウィーク、年末年始に人出が集中してしまう
・週単位…土日、三連休などの週末に集中してしまう。

この結果、繁忙期においては慢性的な渋滞や交通機関や宿泊施設等の混雑、予約困難などが発生しています。
また、一方で供給側(運輸・宿泊・飲食・アクティビティなど)は収益機会が限られてしまうため、平日との差が激しい休・祝日の価格設定などが一般的に行われています。

そこで、ワーケーション・テレワークを活用し、オフピーク(閑散期)へ誘導することは、観光産業側だけでなく旅行者側の双方にメリットがあります。

観光産業側:収益機会がピークに偏らず平準化されることにより収益が拡大する。
また、オフピーク(閑散期)に安定した集客ができることにより従業員など雇用の安定化にもつながる。

旅行者側:繁忙期と比較して安価で旅行ができる。予約もスムーズにできる。
旅行客が少ないので、落ち着いて旅先での滞在を楽しめる。