公式情報

串本海中公園

海中展望塔がシンボル!日本初の海中公園で串本の海の魅力を発見。

海中公園

国内初の海中公園として1970年にオープン。沖合140m、串本の海には同園の代名詞的存在ともいえる「海中展望塔」が立っている。展望台から海中を見下ろすと、数百匹ものメジナの群れが餌を求めて集まってくる珍しいシーンが目撃できるほか、水深6.3mの海底に広がる美しいサンゴ礁の鑑賞も見ごたえ十分。

展望塔へアプローチする橋桁の入り口付近には「水族館」もある。約500種・5000点の生き物たちを飼育・展示していて、黒潮の影響を強く受けた串本の海を再現した大水槽がメインだ。テーブルサンゴの群落の周囲を、熱帯性のカラフルな生きものたちが元気に泳ぐ姿をチェックしよう。ちなみに水族館で生まれたウミガメを飼育するゾーンでは、他施設ではほとんどないウミガメの餌やり体験も実施中。

併設の「串本ダイビングパーク」は本州で指折りのダイビングスポットで、県内外からダイバーが訪れることで知られている。ビギナーであっても簡単に海中散歩が楽しめるプラン(体験ダイビング15000円、中学生以上、前日までの予約制)をはじめ、小学生でも参加できるスノーケル体験(7000円、前日までの予約制)などさまざまなプログラムを用意して、北緯35度の地点から串本の海のすばらしさを発信!

(新型コロナウィルスの影響によりすべての体験プログラム休止中。2021年7月情報)。

ポイント

  • 美しい珊瑚礁など、海底の様子を見下ろせる海中展望塔。
  • 約500種の生き物が出迎える人気の水族館。
  • 本州で指折りのダイビングスポットもあり。

写真

  • 橋で渡ってアプローチする海中展望塔

    橋で渡ってアプローチする海中展望塔

  • 展望塔の周りには多くの魚が集まる

    展望塔の周りには多くの魚が集まる

  • 水族館で出会えるウミガメ

    水族館で出会えるウミガメ

  • 初心者歓迎のダイビングパーク

    初心者歓迎のダイビングパーク

  • 串本の海の生き物が目の前に

    串本の海の生き物が目の前に

  • 熱帯色豊かな大水槽

    熱帯色豊かな大水槽

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
串本海中公園
郵便番号
649-3514
住所
和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
電話
0735-62-1122
定休日
無休
時間
9:00〜16:30
料金
入場券(水族館+海中展望塔)大人1,800円、小中学生800円、幼児(3歳以上)200円 ※海中観光船の乗船券は別途料金(天候などによる欠航・運休の場合あり)
アクセス
JR紀勢本線「串本」駅から無料送迎シャトルバスで約12分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)