公式情報

郡上八幡城

城下町を見下ろす山の頂に築かれた、日本最古の木造再建城。

郡上八幡市街地の北東にそびえる八幡山の頂に位置する城。戦国時代末期の永禄2(1559)年に武将・遠藤盛数が戦のための砦を築いたのがその始まりだ。

現在の天守は昭和8(1933)年に大垣城を参考にして木造で再建されたもので、現存する木造再建城としては日本最古。白亜の城と四季折々の自然が織りなす景観は素晴らしく、司馬遼太郎の『街道をゆく』のなかでも感動を記されている。

4層5階建ての木造天守の内部では、郡上八幡城ゆかりの所蔵品を多数展示。最上階は展望フロアとなっており、城下町や奥美濃の山並みを一望することができる。来城記念には手漉き美濃和紙を使用した人気の御城印を(入城券売り場にて発行)。

また紅葉の名所としても有名で、例年11月にもみじまつりが開催されるほか、見頃に合わせて紅葉ライトアップや夜間特別開城も実施される。

ポイント

  • 日本で一番古い木造再建城。
  • 天守の内部では郡上八幡城ゆかりの所蔵品を展示。
  • 天守閣最上階からの眺めは絶景。
  • 紅葉の名所としても有名。

写真

  • 新緑と空の青に白亜の城壁が美しく映える

    新緑と空の青に白亜の城壁が美しく映える

  • 石垣を含む城郭一帯は県史跡に、再建天守は市の重要文化財に指定されている

    石垣を含む城郭一帯は県史跡に、再建天守は市の重要文化財に指定されている

  • 街並みが鮎の形に見えるという天守からの眺め

    街並みが鮎の形に見えるという天守からの眺め

  • 奥美濃屈指の紅葉の名所

    奥美濃屈指の紅葉の名所

  • 朝霧に浮かぶ幻想的な光景から“岐阜の天空の城”としても話題に

    朝霧に浮かぶ幻想的な光景から“岐阜の天空の城”としても話題に

  • 御城印は通常版のほか、発行日限定の金版もある

    御城印は通常版のほか、発行日限定の金版もある

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
郡上八幡城
郵便番号
501-4214
住所
岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659
電話
0575-67-1819
定休日
12月20日〜1月10日
時間
9:00〜17:00(6〜8月は8:00〜18:00、11〜2月は9:00〜16:30)
※ライトアップ期間中は延長
※最終入館は閉館の15分前
料金
大人(高校生以上)320円、小人(小中学生)150円
アクセス
長良川鉄道「郡上八幡」駅からまめバスで約20分、城下町プラザ下車、徒歩約15分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)