蘆花恒春園

日本の著名な小説家が愛した景色が残る公園

3.95

庭園・公園

日本の明治・大正時代の小説家「徳冨蘆花」が過ごした邸宅の敷地を中心とした公園。園内は「徳冨蘆花」の旧宅のある「恒春園」区域と、常時開放されている公園区域とに分かれている。「恒春園」区域内には記念館や邸宅があり、作品の資料や遺品などの展示を見学することで、執筆当時の生活の様子を伺い知ることができる。また区域内には、すがすがしい「モウソウチク」の竹林があり、伝統的な日本の建築と合わさって幽玄な雰囲気を醸し出している。公園区域には、アスレチック広場など子どもが楽しめる遊具エリアや、地元の人たちによって四季の花々が育てられている花の丘などがある。

ポイント

  • 與小說家「徳冨蘆花」ゆかりの建物や資料
  • 住宅街とは思えないほど豊かな自然が多い
  • アスレチック広場の遊具などで子どもが楽しめる
  • 四季折々の花々が楽しめる

写真

  • 梅花書屋
  • 竹林
  • 恒春園区域入口

口コミ

  • 陳婕

    孟宗竹的竹林 清幽典雅
    還有公園區提供小孩玩的遊樂設施
    真的是大人小孩都適合

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

郵便番号
157-0063
住所
東京都世田谷区粕谷1
電話
03-3302-5016
入場料
無料
定休日
無休
※恒春園区域は年末年始休み
時間
終日散策自由
※恒春園区域は9:00-16:30
アクセス
京王電鉄京王線「芦花公園」駅から徒歩約15分
公式サイト
公式サイト(日本語)