東京港野鳥公園

バードウォッチングが楽しめる自然の多い公園

公園

東京湾の埋立地に作られた、約25万㎡の敷地を持つ公園。
海とつながった潮入りの池、淡水池、小川、森林など多様な環境で構成されており、毎年約120種類の野鳥が観察されている。
公園内には、観察小屋が複数あり、野鳥を間近で観察できる。また、野鳥の他、水辺の生物や虫なども多く見られる。
ネイチャーセンターの観察ロビーは、大きなガラス窓から、潮入りの池にいる様々な野鳥の姿が見られるようになっており、望遠鏡なども設置されている。
芝生広場では自然観察を楽しみながら、お弁当を食べたり、のんびりと寛ぐことができる。

ポイント

  • 水辺や山野の鳥を観察できる観察小屋が複数ある
  • ネイチャーセンターなどにある望遠鏡や双眼鏡を無料で使える
  • 自動販売機(パン、お菓子、飲料水)はあるが、売店やレストランは無いので、事前に準備していくのがお勧め

写真

  • 潮入の池

    潮入の池

  • アオサギ

    アオサギ

  • 芝生広場

    芝生広場

  • 観察小屋

    観察小屋

  • 案内板

    案内板

  • 干潟

    干潟

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
東京港野鳥公園
郵便番号
143-0001
住所
東京都大田区東海3-1
電話
03-3799-5031
入園料
大人(高校生以上)300円、65歳以上・中学生150円、小学生以下無料
定休日
毎週月曜日(月曜日が祝日または都民の日(10/1)の場合、翌火曜日が休園)、年末年始
時間
2月~10月 9:00-17:00、11月~1月 9:00-16:30
※閉園30分前に入園の受付終了
アクセス
東京モノレール「流通センター」駅から徒歩約15分
公式サイト
公式サイト(日本語)