東京を観光するなら絶対に外せない厳選スポット39選

2022年09月25日
最終更新 :
筆者 : 編集部

日本最大の都市であり、首都である東京。
国内の各地方や外国から様々な文化や人々が集まる、経済的にも文化的にも日本の中心地となっている街だ。
流行や技術の最先端だけでなく、伝統文化や日本の感じられる建物もあり、日本で最も多様的な魅力を持つと言っても過言ではない。
それだけに数多くの観光スポット・グルメ・ショッピングエリア・宿泊施設が集まり、イベントも多く開催されている。
東京を観光する際、どこから訪れたらいいか迷う方も多いだろう。
東京観光プランで迷う方に向けて、マストで訪れたいスポットを厳選してご紹介しよう。

目次

東京ってどんなところ?

日本の首都である東京は、1603年に徳川家康(とくがわいえやす)が江戸幕府を、江戸(現在の東京)に開いてから、政治・文化・経済の中心地として栄えてきた。
現在も行政機関や金融機関、企業の多くが東京に集まっている。

企業などの組織だけでなく、東京は人口も多く、人口は約1300万人。
日本の中だけでなく、世界の都市の中でも最大の人口を誇る。
ただ、東京の面積はとても小さく、人口密度がとても高い。

人が集まるところには文化も集まる。
東京には日本の各地方から様々な文化が集まっており、流行のグルメやショッピングが楽しめるのはもちろん、アニメやゲームなどの聖地・秋葉原では日本のオタク文化も思う存分味わえる。
流行だけでなく、日本の伝統や歴史が楽しめる観光スポットも多く、日本の最先端と伝統を同時に楽しめる魅力あふれる都市だ。

日本最大の都市・東京にそびえるビル群
日本最大の都市・東京にそびえるビル群

東京のおすすめの観光シーズンは?

東京には数多くの観光スポットがあり、室内でも楽しめるため、いつ訪れても楽しめる。
ただ、東京はヒートアイランド現象の影響が大きく、夏は高温多湿で熱中症への注意が必要なぐらい暑い。
観光スポットをなるべく多く回りたいのであれば、過ごしやすく動きやすい気温の春か秋がお勧めだ。

東京の季節ごとの着衣例

  • 春(3月 - 5月): 軽めのジャケットおよび薄手のセーター
  • 夏(6月 - 8月): 薄手の着衣、半袖
  • 秋(9月 - 11月): 軽めのジャケット、コート
  • 冬(12月 - 2月): コート、ウールスーツ、厚手のセーターやジャケット

東京への移動方法は?

日本の首都である東京は、各都市からのアクセスが抜群に良い。
名古屋や大阪からは新幹線で1時間〜2時間程度で東京へ移動できる。
国内線だけでなく国際線もある羽田空港も東京にあり、海外からのアクセスも抜群だ。

東京観光の主要交通手段

東京には鉄道・バス・モノレール・タクシーと、様々な交通網がある。
その中でも鉄道が非常に発達しており、電車を活用すれば何不自由なく、観光スポットを移動できる。

初めて訪れる方向けに厳選!東京の観光スポット18選

東京には非常に多くの観光スポットがあり、どこに行っても楽しめる。
むしろ、観光スポットが多すぎて、どこへ遊びに行くか迷ってしまうぐらいだろう。
特に東京都に初めて訪れる方は、定番のスポットで観光するか最先端のスポットで観光するかは、かなり悩むはず。
そんな方のために、東京の観光スポットを厳選。
今回ご紹介するスポットへ訪れれば、まず間違いなく東京を満喫できるはずだ。

1. 明治神宮

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社。
清らかで森厳な内苑を中心に、聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、明治記念館からなっている。

毎年、初詣で日本一の参拝者数を誇り、都内屈指のパワースポット。
毎年、初詣で日本一の参拝者数を誇り、都内屈指のパワースポット。

2. 浅草寺

浅草のシンボルといえる雷門には、大きな赤い提灯がかかっており、左右に風神、雷神が配置されている。
雷門から本堂までの約250mにわたる「仲見世通り商店街」では、土産屋や食べ物屋が立ち並ぶ。

浅草寺 雷門
浅草寺 雷門

3. 東京スカイツリー(R)・東京スカイツリータウン(R)

東京スカイツリータウンには、634メートルの高さを誇り電波塔兼観光施設である「東京スカイツリー」が中心にあり、タワーの中には、350メートルと450メートルの高さに、天望デッキと天望回廊の2つの展望台がある。

高さ634メートル。東京のシンボル「東京スカイツリー」©TOKYO-SKYTREE
高さ634メートル。東京のシンボル「東京スカイツリー」©TOKYO-SKYTREE

4. 上野動物園

1882年に日本で初めて誕生した動物園。
東京都心部にありながら、自然を維持する都市型動物園で、約350種、2500点の動物が飼育されている。

愛らしいジャイアントパンダのシャンシャン
愛らしいジャイアントパンダのシャンシャン

5. 新宿御苑

江戸時代には武家屋敷だった跡地を、皇室の庭園として造られ、現在は一般に公開されている。
広大な園庭は、日本庭園、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園という3つの特徴ある庭園があり、近代西洋庭園の名園といわれる。

四季折々の自然や歴史的建造物のある美しい庭園
四季折々の自然や歴史的建造物のある美しい庭園

6. 東京タワー

1958年に誕生した東京タワー
高さは333mと、当時は、自立式鉄塔として、パリのエッフェル塔を超える世界一の高さを誇った。
東京中心部の港区に位置するため、展望台からは東京の景色を一望することができる。

ライトアップされた夜の東京タワー
ライトアップされた夜の東京タワー

7. アメ横商店街(アメヤ横丁)

JR上野駅からJR御徒町駅間の、約500mの距離に約400店の店が並ぶ商店街。
一年中、安売りが行われており、活気があり、東京の昔ながらの下町を凝縮したような雰囲気が楽しめる。

多くの人で賑わうアメ横
多くの人で賑わうアメ横

8. 上野公園

東京都台東区にある上野公園。正式名称は「上野恩賜公園」。
広大な面積を誇り、歴史もある公園。
春には桜の名所として国内外から観光客が訪れるなど、東京を代表する観光スポットの一つ。

不忍池の桜並木
不忍池の桜並木

9. サンシャイン水族館

池袋の大型商業施設、サンシャインシティの中にあるビルの屋上に作られた水族館。
「天空の旅」「大海の旅」「水辺の旅」の3つのエリアで構成されている。

水族館・サンシャインアクアリング
水族館・サンシャインアクアリング

10. 歌舞伎座

日本の伝統芸能である歌舞伎は、日本各所の劇場で公演されているが、最も華やかな舞台として知られているのが、歌舞伎専門劇場「歌舞伎座」。
敷居が高いと思われがちな歌舞伎座だが、リーズナブルな席や一幕だけ観られる当日券もあるので、歌舞伎初心者でも気軽に楽しめる。

歌舞伎初心者でも楽しめる歌舞伎専門の劇場
歌舞伎初心者でも楽しめる歌舞伎専門の劇場

11. すみだ水族館

東京スカイツリータウン、ウエストヤードの5階・6階にある水族館。
完全屋内型で、独自の人工海水製造システムにより、生き物にとって快適で美しい水槽となっている。
“近づくと、もっと好きになる。”をキーワードにしており、生きものたちを間近で見ることができる。

東京スカイツリーの麓の屋内型水族館
東京スカイツリーの麓の屋内型水族館

12. 三鷹の森ジブリ美術館

東京・三鷹にスタジオジブリの美術館がある。館主は宮崎駿監督。
美術館のキャッチコピーは「迷子になろうよ、いっしょに。」
ここでは大人も子供も迷子になって、自分のとっておきの場所を見つけてみよう。

映画の生まれる場所 © Museo d'Arte Ghibli
映画の生まれる場所 © Museo d'Arte Ghibli

13. 六本木ヒルズ

2003年に開業した六本木のランドマーク的存在の複合施設。
施設内にはラグジュアリーブランドのショップが数多く立ち並び、飲食店においても全体的にワンランク上の店が多い。

六本木ヒルズ 66プラザ
六本木ヒルズ 66プラザ

14. 森ビル デジタルアート ミュージアム

アートコレクティブ・チームラボの境界のないアート群による「地図のないミュージアム」。10000㎡に及ぶ複雑で立体的な世界は、ほかの作品との境界線がなく、体ごとアートに没入できる唯一無二の空間。

新感覚の地図のないミュージアム
新感覚の地図のないミュージアム

15. 柴又帝釈天参道

日本を代表する景観地として国の選定を受けた葛飾柴又。そして、東京の下町の代表格といっても過言ではない情緒と佇まいのある「柴又帝釈天と参道」。日本映画の巨匠・山田洋次監督による映画『男はつらいよ』の主人公・寅さんのふるさととしても有名だ。

昔ながらの店が軒を連ねる「帝釈天参道」
昔ながらの店が軒を連ねる「帝釈天参道」

16. 戸越銀座商店街・ほっとスポット戸越銀座

東急池上線「戸越銀座駅」から東西に広がる全長約1.3kmの商店街。生鮮三品を扱う店舗からカフェ、パン屋、銭湯まで約400件が軒を連ねている。下町情緒にあふれる商店街の名物が「戸越銀座コロッケ」。いくつかの店舗が個性あふれる独自のコロッケを販売しており、食べ比べをするのも楽しい。

連日多くの人でにぎわう商店街
連日多くの人でにぎわう商店街

17. 東京駅丸の内駅舎

明治41(1908)年3月に着工し、大正3(1914)年12月に開業した日本の玄関口・東京駅。日本近代建築のパイオニア、辰野金吾が設計を担当した。完成した鉄骨れんが造りの丸の内駅舎は、昭和20(1945)年の空襲で屋根や内装が焼失。戦災復興工事により2階建てとなり、60年以上使われてきた。平成15(2003)年には国の重要文化財に指定されている。

美しく復原された東京駅丸の内駅舎(写真:一般社団法人東京ステーションシティ運営協議会)
美しく復原された東京駅丸の内駅舎(写真:一般社団法人東京ステーションシティ運営協議会)

18. SHIBUYA SKY

地上約230mの高さから、東京の街並みを360度一望できる展望施設。渋谷エリアで一番高いビル・渋谷スクランブルスクエアの14F・45F・46F・屋上「SKY GATE」、「SKY STAGE」、「SKY GALLERY」の3つのゾーンを展開する。

屋上の「SKY STAGE」でとくに人気の絶景ポイント「SKY EDGE」
@渋谷スクランブルスクエア
屋上の「SKY STAGE」でとくに人気の絶景ポイント「SKY EDGE」
@渋谷スクランブルスクエア

東京ならではの体験ができる!厳選グルメスポット3選

東京には日本の地方から美味しいものが集まってくる。
東京ならどんな料理でも食べられるといっても過言ではない。
まだ東京のどこで食べるか決めていない方は、今回ご紹介するグルメスポットへぜひ訪れてみてほしい。
東京ならではの雰囲気の中で、美味しい料理が食べられるはずだ。

1. 豊洲市場

東京の台所として都民の胃袋を支えてきた「築地市場」が老朽化に伴い2018年に豊洲へ移転。
豊洲市場」では、安全性の向上と共に見学ルートが整備され、一般客も気軽に入場できるようになった。

マグロの競りを間近で見られる!東京都民の胃袋を支える卸売市場。
マグロの競りを間近で見られる!東京都民の胃袋を支える卸売市場。

2. ハーモニカ横丁

吉祥寺駅北口を降りてすぐ、狭い路地に約100店のお店が集まる横丁。
通称「ハモニカ横丁」。狭い間口の商店が並ぶ様子が、ハーモニカの吹き口に似ていることから名付けられたといわれる。

夜のハーモニカ横丁
夜のハーモニカ横丁

3. 思い出横丁

新宿駅西口から徒歩約3分の場所にある、昔ながらの飲み屋が立ち並ぶエリア。エリアには約80軒の店があり、おいしいお酒と料理を提供している。店と店の壁を戸板一枚で区切った長屋造りの店が多く、レトロな雰囲気を感じさせる。

雰囲気たっぷり宵の思い出横丁
雰囲気たっぷり宵の思い出横丁

ショッピングするならマストで訪れたい!東京の厳選ショッピングエリア7選

最先端のブランドが集まる東京。
東京ではどこに行ってもショッピングができる。
数多くのショッピングエリアの中から、東京でショッピングしたという満足感が得られるスポットを厳選した。

1. 銀座三越

高級ショッピングエリアとして名高い銀座。その中心に位置する「銀座三越」は日本屈指の老舗百貨店で、銀座を代表するデパートの一つ。
三越はもともと「越後屋」という名前の呉服店であり、その起源は1673年に遡る。銀座店は1930年に開店。以来、約90年に渡り銀座の顔となっている。

銀座の中心に位置する「銀座三越」
銀座の中心に位置する「銀座三越」

2. 東京ソラマチ

東京の下町のにぎわいを感じさせる、バラエティ豊かな300以上の店舗が集う商業施設。
高さ634mの電波塔「東京スカイツリー」を含む一帯を「東京スカイツリータウン」と呼び、商業施設の部分が「東京ソラマチ」だ。

東京スカイツリーの麓に広がる、バラエティ豊かなお店やエンターテイメント施設も入る商業施設
東京スカイツリーの麓に広がる、バラエティ豊かなお店やエンターテイメント施設も入る商業施設

3. 竹下通り

原宿駅から明治通りに向かって伸びる、全長約350mの商店街。
原宿らしいカラフルでカワイイスイーツのお店も多く、ショッピングの合間に、食べ歩きを楽しむのもお勧め。

世界中から注目される、カワイイ文化の発信地。
世界中から注目される、カワイイ文化の発信地。

4. 無印良品 銀座

東京の高級ショッピングエリア・銀座の並木通り沿いにある世界旗艦店。ここでは衣食住すべてにおいて「感じ良いくらし」を提案する無印良品のコンセプトを様々な角度から体感できる。
例えば「食」ひとつにとっても様々な角度からの提案があり、一般の店舗でも販売されている食品はもちろん、全国から集まった有機栽培や減農薬などの旬の野菜や果物の販売コーナーや、焼き立てパンを提供するベーカリー、ジューススタンドやブレンドティー工房といったドリンクコーナーも充実。地下1階には「素の食」のおいしさを楽しめるレストランも設けている。

2019年に並木通りにオープンした世界旗艦店
2019年に並木通りにオープンした世界旗艦店

5. 表参道ヒルズ

2006年にオープンして以来、表参道のランドマーク的存在の表参道ヒルズ。上品でオシャレなイメージの表参道の街並みに合わせた建築デザインも印象的だ。
国内外の有名ブランドショップや流行のファッション、雑貨、化粧品、飲食店等、話題のショップが約100店あり、連日多くの人で賑わっている。

時代の先端を行くラグジュアリーブランドなどが勢揃いする複合施設
時代の先端を行くラグジュアリーブランドなどが勢揃いする複合施設

6. ダイバーシティ東京プラザ

「劇場型都市空間」をコンセプトに、遊び・学び・くつろぎ・驚きや感動を体感できるお台場のランドマーク。人気アニメ『機動戦士ガンダムユニコーン』の19.7mの実物大ユニコーンガンダム立像がある事でも有名。ユニコーンモードからデストロイモードへの変身(変形)演出もあります。(2021年10月現在)
施設内には、国内外の人気ファッションのショップや、雑貨店、またレストランも多く入り、臨海副都心で最大級のフードコート「東京グルメスタジアム」もあるので、丸一日楽しめる。

実物大ユニコーンガンダム立像がシンボルの、大型ショッピングモール
実物大ユニコーンガンダム立像がシンボルの、大型ショッピングモール

7. 東京ミッドタウン

東京ミッドタウンは、広大なグリーンと6つの建物から成る複合都市。街には様々なショップやレストラン、オフィス、ホテル、緑地、美術館などの施設が集まる。
主に地下1階から地上3階までが商業施設になっており、高品質でこだわりのあるショップや、本物の味を追求する国内外のレストランが並ぶ。

緑豊かな都心のオアシスで、上質な日常を提供する複合都市
緑豊かな都心のオアシスで、上質な日常を提供する複合都市

大都市の夜景が楽しめる!東京の宿泊施設3選

東京には最高級のホテルや旅館から、安く泊まれるゲストハウスやビジネスホテルなど、様々な宿泊施設がある。
大都市・東京にせっかく訪れたなら、大都市の夜景を楽しみたいはず。
今回は夜景が楽しめる宿泊施設を3つに絞ってご紹介しよう。

1. パークハイアット東京

新宿駅や東京都庁に程近い、独特な三角屋根が特徴の高層ビル「新宿パークタワー」の39階から52階にあるパークハイアット東京
客室はスイート23室を含む全177室で全て42階以上にあるので、眺めは最高!45~290㎡の広さで、快適性と機能性を確保。落ち着いたインテリアで優雅な寛ぎのひとときが過ごせる。

最上階にある、ニューヨーク グリル & バー
最上階にある、ニューヨーク グリル & バー

2. 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー

新宿駅南口より徒歩3分と駅近で利便性が良い高層ホテル。地下4階、地上36階建てのオフィス・ショップからなる複合型高層ビル「小田急サザンタワー」内にある。
ホテルのロビー・フロントは地上100mの20階。都心の眺望を楽しみながら食事ができる、個性豊かなレストランもあるので、食事だけの利用もおすすめ。

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーのレストラン・バーからの美しい眺め
小田急ホテルセンチュリーサザンタワーのレストラン・バーからの美しい眺め

3. 帝国ホテル東京

明治23(1890)年、西欧化を進める明治政府の要請により、海外の賓客をもてなすホテルとして開業。
開業以来19年間は、設立発起人総代の一人であった渋沢栄一が経営を指揮し、初代会長を務めた。
現在は、ベルスタッフ、コンシェルジュ、ランドリーなど、各分野における熟練スタッフを含めた総勢2000名が国内外からのゲストをもてなす。その上質なサービスとホスピタリティで世界のゲストに愛されている。

落ち着いたインテリアとともに機能的な造りが特長のデラックスルーム
落ち着いたインテリアとともに機能的な造りが特長のデラックスルーム

東京のお土産ならコレ!お土産3選

色んな都市から美味しいものが集まる東京。
その中でも、東京ならではの美味しいグルメをお土産として持ち帰ってほしい。

1. グレープストーン『東京ばな奈 「見ぃつけたっ」』

1991年に誕生し、今や東京みやげの大定番となった『東京ばな奈 「見ぃつけたっ」』。
ふんわりとやわらかく焼き上げたスポンジケーキに、バナナを丁寧に裏ごしして作ったバナナカスタードクリームが入った洋菓子だ

東京の女の子をイメージしてパッケージにはリボンが付いている
東京の女の子をイメージしてパッケージにはリボンが付いている

2. 山本海苔店「東京プレミアム おつまみ海苔」

上質な国産海苔に厳選された具材をはさんだ人気商品「おつまみ海苔」。
葛飾北斎作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」と喜多川歌麿作「婦女人相十品 ビードロを吹く娘」の浮世絵が描かれた江戸情緒漂うデザイン缶の「東京プレミアム おつまみ海苔」は、東京みやげにぴったりな逸品だ。

上質な海苔を使った、おつまみにぴったりな東京みやげ。
上質な海苔を使った、おつまみにぴったりな東京みやげ。

3. 桂新堂「パンダの旅」

1866年(慶応2年)創業、名古屋に本店を構えるえびせんべいの老舗が展開する、東京でしか販売していない限定商品。
東京の観光名所の前で記念撮影、浅草で食べ歩き、相撲観戦と、2匹のパンダが東京を旅する様子が描かれたえびせんべいは、食べるのがもったいないくらいとってもキュート。

東京の街を旅するかわいいパンダが描かれた東京限定のえびせんべい。
東京の街を旅するかわいいパンダが描かれた東京限定のえびせんべい。

伝統文化と歴史を感じよう!東京のイベント5選

日本の最先端だけでなく、日本の歴史や伝統も東京で楽しもう。
数あるイベントの中でも、歴史や伝統を強く感じられるお祭りやイベントを厳選。
訪れるタイミングが重なったら、ぜひ紹介するイベントへ参加してみてほしい。

1. 東京高円寺阿波おどり

例年100万人以上の観客が訪れる「東京高円寺阿波おどり」。
全国で開催される「阿波おどり」のなかでも、本場徳島県に次ぐ開催規模を誇る、界隈の夏の風物詩だ。

JR高円寺駅周辺や商店街など、高円寺の街なかが賑わう
©東京高円寺阿波おどり
JR高円寺駅周辺や商店街など、高円寺の街なかが賑わう
©東京高円寺阿波おどり

2. 三社祭

毎年5月の第3土曜日を起点に、金〜日曜日の3日間、東京・浅草を舞台に開催される三社祭
「三社様」と呼ばれ親しまれている浅草神社の例大祭で、例年は3日間で約180万人もの人が訪れる、日本を代表する祭礼のひとつとしても知られている。

芸妓連などが町を練り歩く初日の「大行列」 ©浅草神社
芸妓連などが町を練り歩く初日の「大行列」 ©浅草神社

3. 浅草鷲神社「酉の市」

「酉の市」は日本各地で行われる、翌年の商売繁盛や金運アップなどを願う祭り。11月になると様々な場所で開催されるが、中でも酉の市発祥の地とされている鷲神社の酉の市は、東京一出店数・来場者数が多いと言われている。人々は祭りで縁起物「熊手」を購入し、翌年の幸運を願う。

縁起物「熊手」
縁起物「熊手」

4. くらやみ祭

京都府中市の大國魂神社で、毎年4月30日から5月6日に行われる「くらやみ祭」。
祭りが行われる7日間で、花万燈を美しく回す万燈大会や山車の行列、神輿御渡りなど、20以上の伝統的な神事が行われる大きなお祭りだ。
1,000年以上の歴史を持つ「くらやみ祭」は、東京都指定無形民俗文化財にも指定されている。

大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を山車が巡行する「山車行列」
大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を山車が巡行する「山車行列」

5. 神田祭

神田明神」の名で親しまれている神田神社の例祭。京都・八坂神社の「祇園祭」、大阪・大阪天満宮の「天神祭」と並ぶ「日本三大祭り」のひとつに数えられている。
かつては江戸幕府公式の祭礼であったことから「天下祭」との別名を持ち、徳川家康も戦の前には必勝を祈祷したそう。現在は西暦の奇数年に「本祭」、偶数年に「陰祭」が行われており、一般的に神田祭というと奇数年の本祭のことを指す。

神輿や曳き物が町中を巡行する、江戸情緒たっぷりの祭礼。
神輿や曳き物が町中を巡行する、江戸情緒たっぷりの祭礼。

まとめ

日本の最大都市である東京の観光スポット・グルメ・ショッピングエリア・宿泊施設・お土産・イベントを、厳選してご紹介してきた。
東京に初めて訪れる方は、今回ご紹介したスポットを旅行のスケジュールに入れてみてはいかがだろうか。
東京から少し足を伸ばして、癒しスポットが多い箱根や古き良き街並みが楽しめる鎌倉へ訪れてみるとさらに日本を楽しめるだろう。