公式情報

尾ノ内渓谷

渓谷に架かる巨大な吊り橋と滝、冬の「尾ノ内氷柱」が有名な渓谷

アウトドア

埼玉県・秩父連山の両神山を源流とする尾ノ内渓谷は、豊かに生い茂る深い森に包まれた、まさに秘境と呼ぶにふさわしいスポット。巨大な吊り橋を渡りながら、滝が見られる渓谷としても有名だ。

新緑や紅葉の美しさはもちろんだが、最大の見どころといえば、毎年1月中旬~2月下旬にかけて開催される「尾ノ内氷柱」だ。地元有志の手によって幅250m、高さ60mにも及ぶ巨大な氷柱が造られ、公開されるこのイベントは、「秩父路三大氷柱」のひとつ。冬の風物詩としてテレビ、雑誌など、さまざまなメディアでも取り上げられ、例年多くの観光客で賑わう。期間限定でライトアップも行っており、光に浮かぶ氷柱と吊り橋のコラボレーションは幻想的かつ神秘的で、寒さも忘れてしまうほど。期間中は甘酒無料サービスが行われるほか、地元の方々による心のこもった売店が出店され、温かい郷土料理を味わえるのも嬉しい。静かな山奥に広がる壮大な造形美、冬限定の絶景は一見の価値あり。

ポイント

  • 尾之内氷柱はSNS映え間違いなしの秘境。
  • 1月中旬〜2月下旬は氷柱がライトアップされる。
  • 尾之内氷柱の見学の開催は8:00〜16:00、中学生以上200円
  • 開催期間中はここでしか食べられない郷土料理がある。

写真

  • 吊り橋からの望める尾ノ内氷柱
  • 吊り橋からの望める尾ノ内氷柱
  • 1月中旬〜2月下旬にはライトアップも
  • 新緑の季節はマイナスイオンが感じられる尾ノ内渓谷
  • 期間中に出店される売店の様子

口コミ 体験記

投稿をするとクーポン・スクラッチができます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
尾ノ内渓谷
郵便番号
368-0113
住所
埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1
電話
0494-79-1100 (小鹿野町観光協会)
営業時間
8:00〜16:00、<ライトアップ期間中の土曜>8:00〜20:00
開催時期
1月下旬〜2月下旬
入場料
200円
アクセス
(1)西武秩父線「西武秩父」駅よりバスで約70分、下車後徒歩約20分
(2) 関越自動車道「花園」インターより車で約100分
公式サイト
[公式サイト(日本語)