公式情報

銘菓きみごろも本舗 松月堂

まるで「淡雪」のような柔らかさ、空気のように消えてゆく口当たりの銘菓。

和菓子

宇陀の銘菓として知られる「きみごろも」は、明治時代(1868−1912)に松月堂初代堀井松太郎が大宇陀の地に店舗を構え、初めて作った和菓子。触れた感覚はまるで淡雪のように柔らかく、口に運ぶと空気のように消えてゆくと評される。過去には、全国菓子大博覧会にて3年連続金賞受賞という輝かしい実績をもち、その幻の味わいを求めて、遠方から訪れる人も少なくない。

きみごろも独自の美味しさを引き出しているのは、創業時から変わらない独自の製法にある。繊細な食感に仕上げるべく、機械の泡立て器を使わず手作業でじっくりと時間をかけて泡立てていく。泡立ちが進む様子とその手応えを感じながら仕上げていくことが、美味しさを左右するのだという。卵の鮮度には特にこだわっており、新鮮な卵を扱うことはもちろん、朝は卵の殻割りや白身・黄身の選別を早朝から時間をかけて行っている。

きみごろものほか、松月堂では地元地域に根ざした和菓子も人気だ。春には、草餅・桜餅、夏には夏は地元吉野本葛をつかった葛まんじゅうなども味わえる。奈良でしか味わえない絶品の和菓子を松月堂で味わってみてはいかが。

ポイント

  • 明治時代から続く和菓子の名店。
  • 独自の技法でつくられるきみごろもは、ここでしか味わえない。
  • 全国菓子大博覧会金賞を3年連続で受賞。
  • 卵の風味を最大限に生かすべく、手作業で仕上げる。

写真

  • 口当たりが軽く、柔らかいきみごろも。卵の風味を最大限に活かした味わい

    口当たりが軽く、柔らかいきみごろも。卵の風味を最大限に活かした味わい

  • 30個入りの大サイズから6個入りのお手軽サイズまで選べるのも嬉しい

    30個入りの大サイズから6個入りのお手軽サイズまで選べるのも嬉しい

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
銘菓きみごろも本舗 松月堂
郵便番号
633-2714
住所
奈良県宇陀市大宇陀蛇上1988
電話
0745-83-0114
定休日
水曜、年末年始、夏季休業あり
営業時間
8:00〜17:00(売り切れ次第終了)
予算
1,000円
アクセス
近鉄大阪線「榛原」駅から奈良交通バスで大宇陀下車、徒歩5分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)