公式情報

四国水族館

「四国水景」をテーマにした展示コンセプトが新しい! 四国の次世代型水族館。

水族館

瀬戸大橋のたもとにある四国の玄関口・香川県宇多津町にて2020年6月にオープンした次世代型の水族館。

「四国水景」をテーマに、瀬戸内海や太平洋、清流四万十川など四国各地の多様な水の風景“水景”を再現した展示スタイルが特徴で、展示生物数は約400種・1万4,000点にのぼる。

水族館全体で70の水景に出会えるなかでも、四国最大級という幅11m・高さ5.5mの水槽「綿津見の景」は圧巻のひとこと。四国の南岸を流れる黒潮の海をイメージしていて、照明の工夫によって無限に広がる太平洋を表現。奥行きがどこまでも続くように見える巨大水槽内を大小さまざまな魚たちが力強く泳ぎ回る光景にきっと圧倒されるはず。

ほかにも、アカシュモクザメの遊泳を下から見上げる「神無月の景」や、鳴門海峡の激しい潮流を海の中から覗いているような感覚が体験できる「渦潮の景」など、趣向を凝らした魅力的な展示がいっぱい。

また、「海豚プール」で瀬戸内海をバックに観るイルカのプログラムや、ペンギン・アシカ・カワウソの食事風景見学、エサやり体験(有料)など、各種プログラムも人気。

写真提供:四国水族館

ポイント

  • 2020年6月にオープンした四国の次世代型水族館。
  • 「四国水景」をテーマに、「◯◯の景」と名付けられた70の水景を展示。
  • 「綿津見の景」をはじめ、趣向を凝らした展示が盛りだくさん。

写真

  • 瀬戸内海に面した「うたづ臨海公園」の一角に位置する
写真提供:四国水族館

    瀬戸内海に面した「うたづ臨海公園」の一角に位置する 写真提供:四国水族館

  • 巨大水槽「綿津見の景」。暗闇からふっと魚が現れる幻想的な光景に見入ってしまう
写真提供:四国水族館

    巨大水槽「綿津見の景」。暗闇からふっと魚が現れる幻想的な光景に見入ってしまう 写真提供:四国水族館

  • 「神無月の景」の観覧空間では、時間帯によって照明と香りが変化する演出も
写真提供:四国水族館

    「神無月の景」の観覧空間では、時間帯によって照明と香りが変化する演出も 写真提供:四国水族館

  • 鳴門の渦潮を再現した「渦潮の景」。渦潮の下で泳ぐ魚たちの動きにも要注目
写真提供:四国水族館

    鳴門の渦潮を再現した「渦潮の景」。渦潮の下で泳ぐ魚たちの動きにも要注目 写真提供:四国水族館

  • 「深海ゾーン」にはタカアシガニなど太平洋の深海生物が揃う
写真提供:四国水族館

    「深海ゾーン」にはタカアシガニなど太平洋の深海生物が揃う 写真提供:四国水族館

  • 瀬戸内海と一体化したようなデザインの「海豚プール」。見事な夕景も必見!
写真提供:四国水族館

    瀬戸内海と一体化したようなデザインの「海豚プール」。見事な夕景も必見! 写真提供:四国水族館

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
四国水族館
郵便番号
769-0201
住所
香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4(うたづ臨海公園内)
電話
0877-49-4590
定休日
無休(冬季にメンテナンス休館あり)
時間
9:00〜18:00
※GW・夏期に21:00までの延長営業あり
※最終入館は閉館の30分前
料金
大人2,200円、小中学生1,200円、幼児(3歳以上)600円
※生徒手帳などの提示が必要な場合あり
アクセス
JR予讃線「宇多津」駅から徒歩約12分
クレジットカード
可(VISA、MasterCard)
公式サイト
公式サイト(日本語)