公式情報

根津美術館

国宝をはじめ、重要な古美術品を展示。実業家・根津嘉一郎氏の情熱が詰まった美術館。

3.58 1

美術館

東京都内の洗練されたエリア・青山の一等地に佇むここは、第二次世界大戦以前からの歴史をもつ、日本では数少ない私立美術館のひとつ。国宝7点、重要文化財88件、重要美術品94件を含む約7,600点(2021年12月末時点)もの日本と東洋の古美術品を所蔵している。

その大部分は館名の由来にもなっている実業家であり政治家・茶人でもある初代根津嘉一郎氏(1860-1940年)によるコレクションである。根津氏はそれらを「衆と共に楽しむ」ことを望み、二代根津嘉一郎氏が、1941年に私邸内に根津美術館を開館させたことで、その願いを果たした。その後、戦災で展示室や茶室などの大部分が焼失したが、コレクションは守られた。戦後に建物も再建された。創立50周年となる1991年には記念事業として増改築を実施、更に2006年から3年半をかけ隈研吾氏設計による大規模な改築を行い、今の姿となった。毎回テーマの異なる展覧会を年7回開催している。

館内は、展示スペースのほかミュージアムショップ、講堂があり、ゆったりと豊かな時間が過ごせる構造。とりわけ日本庭園にはカフェ、4棟の茶室があり、根津家私邸時代の面影を残しており、当時を偲ぶことができる。

ポイント

  • 国宝7点、重要文化財88件、重要美術品94件を含む約7,600点の古美術品を所蔵。
  • 第二次世界大戦以前からの歴史をもつ、日本では数少ない私立美術館のひとつ。
  • 実業家・政治家・茶人の初代根津嘉一郎氏のコレクションが大半を占める。
  • 敷地内は展示スペース、庭園、茶室、カフェ、ミュージアムショップなどがある。

写真

  • 竹を配した印象的なアプローチ

    竹を配した印象的なアプローチ

  • コレクション数は2021年12月末時点で7,613点となっている

    コレクション数は2021年12月末時点で7,613点となっている

  • 庭園には茶室が4棟ある

    庭園には茶室が4棟ある

  • 根津家私邸時代の面影を残す日本庭園

    根津家私邸時代の面影を残す日本庭園

  • 展示棟とカフェは、2009年に隈研吾氏による設計

    展示棟とカフェは、2009年に隈研吾氏による設計

  • ミュージアムショップでお土産を探そう

    ミュージアムショップでお土産を探そう

口コミ

1
  • Mei Xu

    以佛教藝術作品為主題的美術館,隈研吾大師設計,外邊日式庭園古色古香鬧中取靜。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
根津美術館
郵便番号
107-0062
住所
東京都港区南青山6-5-1
電話
03-3400-2536
料金(税込)
企画展(オンライン日時指定予約)一般 1,300円(高校・大学生 1,000円、中学生以下無料)
特別展(オンライン日時指定予約)一般 1,500円(高校・大学生 1,200円、中学生以下無料)
※障害者手帳提示者および同伴者は200円引き
※予約定員に空きがある場合のみ、窓口販売(プラス100円)を美術館受付で販売
定休日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
※展示替え期間中は休館
営業時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
アクセス
(1) 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅A5出口(階段)より徒歩8分、B4出口(階段とエレベータ)より徒歩10分、B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分
(2) 都バス渋88(渋谷~新橋駅前行)で「南青山6丁目」下車 徒歩5分
クレジットカード
公式サイト
公式サイト(日本語)