公式情報

湯本館

川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した天城山中、いで湯の宿。

旅館

湯ヶ島は天城山中の狩野川渓流沿いにある静かな温泉場。濃密な緑の木々の中に温泉宿が点在し、なかでも湯本館は、ノーベル賞作家の文豪 川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿として有名だ。昔ながらの日本式旅館で、玄関を一歩入ればタイムスリップしたかのようにレトロな雰囲気。壁には踊子の絵画や写真が飾られ、部屋を含めたいたるところに日本文学のロマンの世界が広がる。

川端はこの宿をこよなく愛し、小説に登場する学生が踊り子を眺めていた階段によく座っていた。自ら「大正13年(1924年)に大学を出てからの3、4年は湯本館での滞在が、半年あるいは1年以上に長びいた」とも記している。この頃、一高時代の伊豆の一人旅の思い出を元に執筆し、大正15年・昭和元年(1926年)に発表したのが「伊豆の踊子」だった。

狩野川に面して源泉かけ流しの露天風呂があり、せせらぎや鳥の声を聴きながら野趣あふれる湯あみができる。しかも貸し切り制なので絶景を独占。

ポイント

  • 古き良き日本旅館の情緒を堪能できる。
  • 文豪 川端康成ゆかりの宿として、文学の香りの中で滞在できる。
  • 天城山と狩野川の美しい自然に包まれた静かな環境。
  • 渓流に面した露天風呂を貸し切りできる。
  • 日本秘湯を守る会の会員宿。

写真

  • 川端が踊り子を見つめていたという有名な階段
写真提供:湯本館

    川端が踊り子を見つめていたという有名な階段 写真提供:湯本館

  • 川端が逗留した部屋はそのまま残されている
写真提供:湯本館

    川端が逗留した部屋はそのまま残されている 写真提供:湯本館

  • 宿の周囲は豊かな自然に包まれ、庭もきれい
写真提供:湯本館

    宿の周囲は豊かな自然に包まれ、庭もきれい 写真提供:湯本館

  • 客室は純和風で渓流の景色を望む
写真提供:湯本館

    客室は純和風で渓流の景色を望む 写真提供:湯本館

  • 愛好家たちにも認められた絶品の露天風呂
写真提供:湯本館

    愛好家たちにも認められた絶品の露天風呂 写真提供:湯本館

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
湯本館
郵便番号
410-3206
住所
静岡県伊豆市湯ケ島1656-1
電話
0558-85-1028
チェックイン
15:00~
チェックアウト
10:00
宿泊料金
16,500円〜(1室2名 朝夕食付きの1名料金)
アクセス
伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺」駅からバスで30分
クレジットカード利用
使用可
公式サイト
公式サイト(日本語)