永平寺

最終更新 :
筆者 : 編集部

永平寺は、1244年に道元禅師によって開創された曹洞宗の寺院。出家道場として建てられた。今も沢山の修行僧が、日夜修行に励んでいる。
樹齢700年といわれる鬱蒼とした老杉に囲まれた静寂なたたずまいは、まさに出家道場としてふさわしい霊域だ。

大本山、永平寺、修行、曹洞宗、道元禪師、出家、坐禪、杉樹、台階
[大本山、永平寺]

事前に電話で予約をすれば、訪れた人々も実際に修行体験をすることができる。
日帰りの場合は、坐禅や法話、精進料理をいただくことのみを選択することも可能。

永平寺では、起きてから眠るまでの暮らしそのものが修業として捉えられている。そのため、宿泊修行を選んだ人は、参拝、坐禅、作務、読経、食事、宿泊と朝から夜まで修行していく。修行はとにかく厳しく、興味本位で行くとかなり辛い。本当の修行の厳しさを体験したい、覚悟のある方におすすめ。
※体験希望の方は、希望日の10日前までに本人から電話で予約する必要がある。
一泊二日8000円~。

基本情報

住所
福井県吉田郡永平寺町志比5-15
アクセス
福井駅から京福バスで30分、もしくは永平寺口駅よりバスで約15分
電話
0776-63-3102 (体験の問い合わせ:0776-63-4361)
参観料
大人500円、小中学生200円 (体験は別料金)
URL
URL(日本語)