公式情報

沼田市南郷の曲屋

昔懐かしい田舎の暮らしを今に伝える旧家の屋敷

日本家屋

沼田市南郷の曲屋は、この地で代々名主を務めた鈴木家の旧宅である。1785年の竣工といわれ、主屋を中心に4棟の蔵や水車小屋が残り、沼田市の重要文化財に指定されている。

主屋は関東では珍しい茅葺屋根の曲屋形式で、L字型に張り出した部分は「うまや」として使われていた。中に入ると、大きな囲炉裏があり、その奥は武家屋敷の風格を備えた立派な座敷が控える。身分の差を明確に示すために高低差をつけた造りとなっており、一番奥が、主賓が座るための最上段の間。一段低い手前の間に、主賓に近い身分の人から着座するというのが習わしだったそうだ。

建物を通じて歴史に触れられるだけでなく、そば打ち、すいとん作り、こんにゃく作り、わら細工作りなどが体験可能。土地に根付いている風習や、昔の暮らしを体感できるのもこの施設の魅力。来訪する際には、ぜひ体験にも参加することをおすすめしたい。

ポイント

  • 珍しいかやぶき屋根、曲屋形式の古民家。
  • 4つの土蔵が残っており、現在は農具や民具などが展示されている。
  • 体験メニューが充実。(予約制/問い合わせ:0278-20-0011)
  • 見学の前後に足湯や向かいの日帰り温泉施設へ。

写真

  • ススキなどで葺いたかやぶき屋根の主屋
  • 稲や麦の脱穀・製粉、糸づくりなど、生活のために使われていた水車
  • 裕福さを象徴する漆喰仕上げの土蔵
  • そば打ちなどの体験メニューも充実(要予約)
  • 見学の前後に足湯を楽しんで

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
沼田市南郷の曲屋
郵便番号
378-0313
住所
群馬県沼田市利根町日影南郷158-1
電話
0278-54-8611
入場料
大人110円、中学生50円 ※小学生以下は無料
定休日
木曜(木曜が祝日の場合は前日に振替)、年末年始(12月29日~1月3日)
営業時間
10:00-16:00
アクセス
(1) JR上越線「沼田」駅からバスで約50分
(2) 関越自動車道「沼田インター」から車で約20分
公式サイト
公式サイト(日本語)