公式情報

醍醐寺

開創以来1,100有余年の歴史をもつ、京都市内でも最大規模の寺院。国宝や重要文化財の宝庫であり、豊臣秀吉ゆかりの桜の名所でもある。

寺院、世界遺産

平安時代前期の874(貞観6)年、弘法大師空海の孫弟子で修験道中興の祖とされる理源大師聖宝が創建した寺院で、真言宗醍醐派の総本山。醍醐山全山の200万坪にも及ぶ寺域をもち、その広さは、京都市内でも最大規模。境内は山上の「上醍醐」と山裾の「下醍醐」に分かれ、80余りの堂塔が点在している。創建当初は、「上醍醐」を中心に修験道の霊場として発展。後に醍醐天皇の御願寺として天皇の厚い帰依を受け、壮大な伽藍が形成されていったという。

1100有余年の歴史をもつ古刹では、堂塔建築や仏像彫刻をはじめとした木の文化財、経典や文書、絵画といった紙の文化財など、膨大な数の寺宝が伝承されてきた。多くが国宝や重要文化財に指定されており、その数は約75,000点にも上る。1994年には、「古都京都の文化財」の一つとしてユネスコ世界文化遺産に登録された。

また、古くから「花の醍醐」と称された花の名所としても知られる。後に戦乱の世を平定し天下人となった豊臣秀吉は、700本ともいわれる桜を畿内各地から移植し、現在の本坊である三宝院の建物と庭園を造営。1598(慶長3)年の春に、日本史上名高い盛大な花見の宴「醍醐の花見」を催した。その故事にちなみ、毎年4月第2日曜には「豊太閤花見行列」が開催されており、当日は多くの参拝者で賑わう。

ポイント

  • 京都市内で最も大きい寺域をもつ大寺院。
  • 国宝や重要文化財など、文化財の宝庫。
  • 霊宝館では多くの寺宝を収蔵・公開。
  • 桜、新緑、紅葉、雪景色など、四季の風景が見事。

写真

  • 951(天暦5)年建立の五重塔(国宝)。現存する京都府内最古の木造建築

    951(天暦5)年建立の五重塔(国宝)。現存する京都府内最古の木造建築

  • 豊臣秀吉の命で紀州湯浅から移築されたという金堂(国宝)

    豊臣秀吉の命で紀州湯浅から移築されたという金堂(国宝)

  • 豊臣秀吉自ら基本設計したといわれる三宝院庭園の秋景

    豊臣秀吉自ら基本設計したといわれる三宝院庭園の秋景

  • 伽藍の玄関口である仁王門。重要文化財の仁王像が安置されている

    伽藍の玄関口である仁王門。重要文化財の仁王像が安置されている

  • 朝廷からの使者を迎える時だけ扉を開いたとされる三宝院唐門(国宝)

    朝廷からの使者を迎える時だけ扉を開いたとされる三宝院唐門(国宝)

  • 醍醐寺でも一番の紅葉名所として知られる弁天池

    醍醐寺でも一番の紅葉名所として知られる弁天池

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
醍醐寺
郵便番号
601-1325
住所
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
電話
075-571-0002
定休日
無休
時間
3月1日~12月第1日曜9:00~17:00、12月第1日曜の翌日~2月末日9:00~16:30(最終受付は閉門30分前)
上醍醐:3月1日~12月第1日曜9:00~15:00、12月第1日曜の翌日~2月末日9:00~14:00
料金
三宝院庭園・伽藍1,000円(春期は三宝院庭園・伽藍・霊宝館庭園1,500円)、三宝院御殿特別拝観500円、霊宝館本館・平成館特別展示500円以上、仏像棟は無料
上醍醐:入山料600円(三宝院・霊宝館・伽藍の拝観者は500円)
アクセス
1)京都市営地下鉄東西線「醍醐」駅2番出口から徒歩10分
2)JR「京都」駅からバス京都醍醐寺ラインで醍醐寺下車、徒歩すぐ
3)JR琵琶湖線・湖西線「山科」駅から京阪バス22・22A系統で醍醐寺前下車、徒歩すぐ
4)JR奈良線「六地蔵」駅から京阪バス22・22A系統で醍醐寺前下車、徒歩すぐ
公式サイト
公式サイト(日本語)