公式情報 掲載施設による公式確認を経た情報です。

マンズワイン小諸ワイナリー

ファーストクラスやVIPの接遇などでも登場している「ソラリス」シリーズを造るワイナリー。

更新 :

近頃注目を集めている、ぶどう栽培に適した条件がそろう「千曲川ワインバレー」エリア。昭和48年(1973)にいち早くこの地にワイナリーを設立したのが、マンズワインだ。長年にわたり、国際線のファーストクラスや国賓級VIPの接遇にも採用される「ソラリス」シリーズを中心にさまざまなワインを生産している。

敷地内には、約3,000坪の広さを誇る日本庭園「万酔園」があり、自由に散策することができる。園内にはきれいな湾曲を描いた梁が見事な茶室や、文豪・島崎藤村の歌が刻まれた歌碑が鎮座しており、ゆったりと探しながら散策するのがおすすめ。さらに、一角にある階段を下ると地下セラーが登場。普段は非公開だが、イベント時や有料で行っているワイナリーツアーでは特別に見ることができる。また、マンズワインが考案した「レインカット栽培法」のぶどう畑を見学することも。(レインカット栽培法は8月下旬~11月上旬まで見学可能)

併設のショップでは、販売しているワインの有料試飲も行っており、自分の好みのワインを購入できるのもワイナリーならではの魅力だ。

ポイント

  • ぶどう栽培に適した条件がそろう千曲川ワインバレーに位置する昭和48年(1973)設立のワイナリー。
  • 広々とした日本庭園「万酔園」は自由に散策することができる。
  • イベント時や有料で行っているワイナリーツアーで見学することができる地下セラー。
  • マンズワインが考案した「レインカット栽培法」のぶどう畑を見学できる。
  • 有料試飲をしながら自分好みのワインを購入できる併設のショップ。

写真

  • 見晴らしのいい場所に位置しているワイナリー

    見晴らしのいい場所に位置しているワイナリー

  • 日本庭園「万酔園」は四季折々さまざまな表情を見せてくれる

    日本庭園「万酔園」は四季折々さまざまな表情を見せてくれる

  • 普段は非公開の地下セラー

    普段は非公開の地下セラー

  • ぶどう畑の目の前には雄大な自然が広がる

    ぶどう畑の目の前には雄大な自然が広がる

  • ワイナリーで製造したワインが種類豊富に並ぶショップ

    ワイナリーで製造したワインが種類豊富に並ぶショップ

公式FAQ

Q

外国語対応は可能ですか?(可能な場合、対応言語もお知らせください)

A

不可。

Q

再入場(再入園)は可能でしょうか。

A

可能です。

Q

施設内で利用可能な無料Wi-Fiはありますか?

A

あります。

Q

コインロッカーはありますか?

A

ありません。

Q

どのように行けば良いですか?

A

<お車の場合>上信越自動車道・小諸IC約5分
<電車の場合>JR 小海線・しなの鉄道 小諸駅よりタクシーで 約10分、北陸新幹線 佐久平駅よりよりタクシーで約30分

口コミ

基本情報

日本語名称
マンズワイン小諸ワイナリー
郵便番号
384-0043
住所
長野県小諸市諸375
電話
0267-22-6341(ショップ直通)
定休日
水曜日(祝日の場合は営業)
時間
9:30〜16:30
料金
入場無料
アクセス
1)上信越自動車道「小諸I.C」から車で約5分
2)JR東日本・しなの鉄道「小諸」駅より車で約10分
クレジットカード
公式サイト
公式サイト(日本語)