実は魅力が沢山!佐賀県の観光スポット4選

2017年01月06日
最終更新 :
筆者 : 編集部

佐賀県九州地方の中でも、人口、面積共に最も小さな県で、比較的地味なイメージを持つ人も多いが、実は歴史や文化、自然を感じられる、沢山の魅力に包まれた県である。
そこで今回は、佐賀県で人気の観光スポットを4つ紹介しよう!

1. 吉野ヶ里歴史公園

弥生時代にタイムスリップしたような気分が味わえる、日本最大級の遺跡。
日本古代の歴史を解き明かす上で極めて貴重な資料や情報が集められている。
巨大な環壕集落や森までも、古代の日本を復元、再現。火起こしなども体験できる。

瞭望台、高床式倉庫、遺跡、居住的痕跡
吉野ヶ里歴史公園

2. 呼子朝市

イカ漁が盛んな呼子町で、100年もの間続く呼子朝市。約200mの朝市通りに、50軒近くの露店が並び、毎日、朝7:30から昼12:00まで朝市が開かれている。
新鮮な魚介や野菜などの他に、食べ歩きできるような商品も売られている。
本当に新鮮なイカの刺し身は、透き通った綺麗な透明色。呼子町には、そんな新鮮なイカ刺しが食べられる食堂が沢山あるので、そういったお店を探してみるのもオススメだ。

呼子朝市
呼子朝市
新鮮なイカ刺し
新鮮なイカ刺し

3. 唐津城

豊臣秀吉の家臣、寺沢志摩守広高によって1602年から7年の年月をかけて築城された。
東西に伸びる松原が両翼を広げた鶴に見えることから、別名「舞鶴城」と呼ばれている。
1966年に建てられた天守閣の中は郷土博物館になっている。5Fの展望台は絶好のビューポイントであり、美しい海と街が見渡せる。

唐津城
唐津城

4. 七ツ釜

国の天然記念物に登録されている七ツ釜は、荒波にさらされて浸食されてできた景勝地。
7つの洞窟が並列した、なんともミステリアスな見た目が人々を引き付けている。
七ツ釜の上には、展望台や遊歩道が整備され、観光客で賑わっている。
遊覧船でも見学できる。

七ツ釜
七ツ釜