鹿島神宮

戦の神様を祀る、由緒ある神宮

3.00

神社

日本に約600社ある「鹿島神社」の総本社。戦の神を祀っており、勝負事などにご利益があるとされる。近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、「伊勢神宮」、「香取神宮」、「鹿島神宮」の三社のみで、日本で最も由緒のある神社の一つ。
境内は約70ヘクタールという広さがあり、その半分以上が樹叢となっている。
朱色の楼門は、国の重要文化財に指定されており、「日本三大楼門」の一つに数えられる。
「鹿園」には、神の遣いとされる鹿が飼われており、エサを購入して与えることもできる。
「御手洗池」は水底が見渡せるほど澄んだ神秘的な池で、1日に40万リットル以上という湧水が出ている。毎年、年始には200人もの人々が極寒の中、池に入り、身を清める。

ポイント

  • 戦の神を祀り、勝負事などにご利益があるとされる。
  • 鹿に餌をあげることができる「鹿園」
  • 神秘的な池「御手洗池」

写真

  • 楼門(重要文化財)
  • 拝殿
  • 御手洗池

口コミ

  • 李智傑

    鹿島神宮隱身在參天大樹的森林中,置身其中被清新的空氣包圍,身體與心靈都得到洗滌

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

創建年代
紀元前660年と伝えられる
郵便番号
314-0031
住所
茨城県鹿嶋市宮中2306-1
電話
0299-82-1209
入場料
無料
定休日
無休
時間
境内は常時開放
アクセス
(1) JR鹿島線「鹿島神宮」駅から徒歩約7分
(2) 東京駅八重洲南口より高速バス乗車約2時間、「鹿島神宮」下車
公式サイト
公式サイト(日本語)