公式情報

長崎ランタンフェスティバル

旧暦の1月1日から15日に開催される、長崎の冬の一大イベント。市内中心部がランタンで美しく彩られる。

祭、イベント

「長崎ランタンフェスティバル」は、旧暦の1月1日から15日まで(例年1月下旬頃から2月上旬頃)に、日本三大中華街のひとつ、長崎新地中華街をはじめ浜町の観光通りアーケード、中央公園など長崎市中心部で展開される冬の一大イベント。

もとは長崎新地中華街の人たちが、街の振興のために、旧暦の正月を祝う「春節祭」として行われていたものが、1994年から「長崎ランタンフェスティバル」として広がりをみせていったもの。ランタンが街中を極彩色に彩る幻想的な空間が、訪れる人を魅了する。

みどころは、なんといっても約15,000個のランタン! 提灯型はもとより、動物や歴史上の人物などさまざまな形のランタンが会場周辺を彩り、美しく幻想的な夜を演出する。場所限定カラーもあるので、市内を散策してみるのもおすすめだ。

また、毎年新作として発表される、その年の大型オブジェも注目だ。過去作品も飾られるので、すべて探してみるのも楽しい。

そのほか、さまざまなイベントも開催。本場中国の舞踏や二胡での演奏が楽しめたり、媽祖行列、皇帝パレードなど長崎の街がお祭りムード一色になるので、ランタンとあわせて楽しみたい。

ポイント

  • 旧暦の正月を祝う春節祭の期間中に開催。
  • 長崎ランタンフェスティバルとして、冬の一大イベントに成長。
  • 約15,000個のさまざまなランタンが、長崎新地中華街を中心に長崎市内を彩る。
  • 毎年新作が発表される大型オブジェは人気の撮影ポイント。
  • 期間中はさまざまなイベントでも楽しませてくれる。

写真

  • 長崎新地中華街を中心にランタンが灯り、美しく幻想的な空間に

    長崎新地中華街を中心にランタンが灯り、美しく幻想的な空間に

  • 地域ごとの限定カラーもあるので、市内散策もおすすめ(写真は眼鏡橋)

    地域ごとの限定カラーもあるので、市内散策もおすすめ(写真は眼鏡橋)

  • 提灯型以外のランタンにも注目

    提灯型以外のランタンにも注目

  • 期間中は長崎市街地のさまざまな場所でランタンが灯る(写真は中央公園会場)

    期間中は長崎市街地のさまざまな場所でランタンが灯る(写真は中央公園会場)

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
長崎ランタンフェスティバル
電話
095-822-8888(長崎市コールセンターあじさいコール)
開催日
旧暦の1月1〜15日(例年1月末頃〜2月上旬)
アクセス
長崎新地中華街:JR「長崎」駅から長崎電気軌道1番系統で約8分、新地中華街電停下車、徒歩1分
観光通りアーケード:JR「長崎」駅から長崎電気軌道1番系統で約12分、思案橋電停下車、徒歩すぐ
中央公園:JR「長崎」駅から長崎電気軌道1番系統で築町電停で5番系統に乗り換え、めがね橋電停下車、徒歩2分
公式サイト
公式サイト(日本語)