公式情報

平山郁夫美術館

日本画家「平山郁夫」の故郷にある美術館。平山芸術の原風景が発見できる。

美術館

1930年生口島瀬戸田町に生まれた日本画家、平山郁夫の美術館。画家としての平山作品だけではなく、幼少期のスケッチや体験談(広島原爆被爆等)や若年期の学校時代の写真など、平山の人物像を展示している。

建物は和風平屋づくりで平山作品のテーマである「仏教」「平和」を表現し、庭園は「瀬戸内海」をモチーフに中央には生口島から見える瓢箪島を模した小山を配している。
また館内喫茶室「オアシス」は、壁面には砂漠を行くラクダのキャラバンの姿(作品「絲網之路天空」)があり、作品のイメージと調和する木造の空間。瀬戸内海ならではの旬の柑橘を使用したメニューがお勧め。

※平山郁夫はしまなみ海道の開通を記念に「しまなみ海道五十三次」と題して60点の水彩素描画を描き下ろした。広島県尾道市から愛媛県今治市までスケッチをしたポイントには、絵を陶板に焼き付けたオブジェが設置されている。

ポイント

  • 幼少期のスケッチや体験談や若年期の学校時代の写真など、平山の人物像を展示している。
  • 「仏教」「平和」「シルクロード」などをテーマとした大作も鑑賞できる。
  • 建物や庭園も作品の雰囲気と瀬戸内海の景観を取り入れた寛げる造りになっている。
  • 喫茶室や、ミュージアムショップもある。

写真

  • 日本画家、平山郁夫の作品
  • 第三展示室
  • 館内喫茶「オアシス」
  • ミュージアムショップ
  • 平山郁夫美術館

口コミ 体験記

投稿をするとクーポン・スクラッチができます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
平山郁夫美術館
郵便番号
722-2413
住所
広島県尾道市瀬戸田町沢200-2
電話
0845‐27-3800
営業時間
9:00-17:00 (入館は16:30まで)
定休日
無休 ※展示替えなどのため、臨時に一部休室することもある
入場料
大人920円/大学・高校生410円/中学・小学生210円
アクセス
「三原港」から船で25分「瀬戸田港」下船、徒歩で10分
公式サイト
公式サイト(日本語)