公式情報

野火止用水

のどかなふるさとの情景が見られる用水路。

360年の歴史を誇る用水路、野火止用水。承応4年(1655)に川越藩主であった松平伊豆守信綱が、家臣の安松金右衛門に命じて作らせたものだ。東京都小平市の玉川上水から分水され、野火止台地開拓者の飲料水として用いられた。

小平市から東村山市、東久留米市を経て、新座市に至る用水路の全長は24km。現在、用水路沿いに遊歩道が整備されており、新座市の豊かな自然を楽しめる憩いの場となっている。

遊歩道沿いにはいくつもの緑地や公園があり、なかでも春の「本多緑道」がおすすめ。ソメイヨシノやしだれ桜が咲き誇る桜並木と用水路が織りなす、のどかな情景。どこか懐かしい「ふるさと」を感じる景色が見られる。また新緑や紅葉時期は、また違った情景を見せてくれるスポット。四季折々の景色を、のんびりと散歩しながら楽しもう。

ポイント

  • 360年の歴史を誇る用水路。
  • 野火止台地開拓者の飲料水として作られたもの。
  • 現在は自然豊かな遊歩道が整備されている。
  • 春の「本多緑道」は、桜並木と用水路が織りなす情景が見事。
  • 四季折々の景色を楽しみながら散歩ができる。

写真

  • 360年の歴史を誇る用水路
  • 「本多緑道」付近の桜並木

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
野火止用水
郵便番号
352-0022
住所
埼玉県新座市本多2-2(本多緑道付近)
電話
048-424-4686(新座市役所シティプロモーション課)
営業時間
24時間
定休日
無休
入園料
無料
アクセス
JR武蔵野線「新座」駅から徒歩で約10分
公式サイト
公式サイト(日本語)