公式情報

時の鐘

時を告げる、小江戸川越のランドマーク

歴史・文化施設

都心から約1時間という近さにも関わらず、趣のある街並みを楽しめる川越。この街を代表する観光名所のひとつが時の鐘だ。昔ながらの蔵造りが並ぶ通りの中で、ひときわ存在感を放つランドマークとなっている。
木造3層のやぐらで、高さは約16メートル。6時、正午、15時、18時の1日4回、鐘が鳴り時を告げる。

創建は約400年前。川越藩主酒井忠勝によって建てられたと言われている。度重なる火災で焼失を繰り返し、今建っているものは4代目。明治26年(1893年)に起きた川越大火の後に再建され、街の人たちにとってなくてはならない愛すべきシンボルとなっている。1958年に川越市指定有形文化財に指定され、さらに1996年には「日本の“残したい音風景100選”」に選ばれた。

昔は鐘つき守によって決まった時間に鳴らされていたが、今は機械式。しかし鐘の音に含まれる風情は、今も昔も変わらない。川越散策の途中、その音色が聞こえてきたらぜひ耳をすませてみよう。

ポイント

  • 時の鐘の下をくぐると薬師神社の境内につながっている。
  • 周囲にはお土産屋さんや食べ歩き用のグルメ店が点在。
  • 時の鐘は真下より少し離れた場所から撮ると、全体をきれいに撮影できる。
  • 鐘が鳴るのは、6時、正午、15時、18時の1日4回。

写真

  • 小江戸川越のランドマーク時の鐘
  • 日本の“残したい音風景100選にも選ばれている
  • 周辺は蔵造りの街並みが広がる
  • 食べ歩きグルメが楽しめる菓子屋横丁
  • 食べ歩きグルメが楽しめる菓子屋横丁

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報 

日本語名称
時の鐘
郵便番号
350-0063
住所
埼玉県川越市幸町15-7
電話
049-224-6097(川越市教育委員会 文化財保護課)
入場料
無料
定休日
なし
アクセス
西武新宿線「本川越」駅から徒歩約15分
公式サイト
公式サイト(日本語)