公式情報

浦上天主堂

爆風に耐えたアンジェラスの鐘の音が響く、美しいレンガ造りの教会堂。

観光名所/教会

明治6(1873)年、長かったキリシタン弾圧の禁制が解かれ浦上の信徒たちにより建設が計画されたが、当初は資金が集まらなかった。明治28(1895)年にフレノ神父の設計により教会の建設が開始され、30年後の大正14(1925)年、石とレンガ造りのロマネスク様式としては東洋一と称された大聖堂が完成。

正面双塔には高さ26mものアンジェラスの鐘が備えられた立派なもので、信徒の誇りであり信仰の象徴となった。しかし昭和20(1945)年8月9日に投下された原爆の爆風により教会堂は一瞬で全壊、アンジェラスの鐘も崩れ落ちた。

その後、アンジェラスの鐘は瓦礫の中から発掘され、昭和34(1959)年に鉄筋コンクリートの天主堂を再建。昭和55(1980)年、教皇ヨハネ・パウロ二世の来日を機にレンガタイルに改装し、旧浦上天主堂の面影感じる美しい教会堂となった。

敷地内には、被爆した石像や遺構を展示。併設する典礼センター・ピエタ内には当時吊るされていたアンジェラスの鐘を保管展示している。

ポイント

  • 教会は信者の祈りの場。マナーを守って見学すること。
  • 浦上天主堂の左下の川の横に、原爆で落ちたままの状態で鐘楼の残骸が残されている。
  • 正面入口には「悲しみの聖母」、「使徒聖ヨハネ」像がある。
  • 原爆で頭の部分だけが残ったマリア像は堂内に安置されている。
  • 爆風に耐えた鐘は右の塔に吊るされている。

写真

  • 浦上天主堂外観

    浦上天主堂外観

  • 被爆した聖像

    被爆した聖像

  • 頭部のみ吹き飛ばされている

    頭部のみ吹き飛ばされている

  • 爆風で落ちた鐘楼の残骸

    爆風で落ちた鐘楼の残骸

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
浦上天主堂
郵便番号
852-8112
住所
長崎県長崎市本尾町1-79
電話
095-844-1777
営業時間
9:00~17:00
アクセス
路面電車「平和公園」電停から徒歩10分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)