公式情報

養老公園・養老の滝

親孝行の孝子物語が伝わる、日本の滝百選に選ばれた名瀑。

滝、名所、公園

岐阜県の西南部・西美濃の養老山麓に位置し、自然あふれる広大な敷地内に「養老天命反転地」や「こどもの国」など多彩なレジャー施設を擁する養老公園。その最奥部にあるのが、公園のメインスポットとなる「養老の滝」だ。

落差約30m・幅約4mの養老の滝は、日本の滝百選に選定されている名瀑。岩角を打って流れ落ちる水は清らかで美しく、江戸時代には葛飾北斎がその雄麗な姿を浮世絵に描き残すなど、古くから多くの人に親しまれてきた。また“親孝行の息子が、酒に変わった滝の水をひょうたんに汲み、病気がちな父親に飲ませると元気になった”という「養老孝子物語」が伝わる滝としても知られている。

養老の滝入口駐車場から養老の滝までは歩いて約30分。滝へと続くルートには遊歩道や7つの橋が整備されており、春の桜や新緑、秋の紅葉など、四季折々の景色とともに散策が楽しめる。名水百選に選ばれている「菊水泉」や養老神社をはじめ、滝周辺にある孝子物語ゆかりの名所もあわせて巡りたい。

ポイント

  • 養老の滝は養老公園の最奥部にある。
  • 日本の滝百選に選ばれている、落差約30m・幅約4mの名瀑。
  • 滝の水が酒になったという孝子物語が伝わる地。
  • 滝までは遊歩道が整備されていて、四季折々の景観と散策が楽しめる。
  • 滝の周辺にある孝子物語ゆかりの名所も要チェック。

写真

  • 新緑シーズンの養老の滝

    新緑シーズンの養老の滝

  • 秋は紅葉との共演が見もの

    秋は紅葉との共演が見もの

  • 孝子物語に登場する酒になった水=養老神社内「菊水泉」の湧き水ともいわれている

    孝子物語に登場する酒になった水=養老神社内「菊水泉」の湧き水ともいわれている

  • 滝へと続く養老孝子坂の沿道には土産物屋や飲食店が立ち並ぶ

    滝へと続く養老孝子坂の沿道には土産物屋や飲食店が立ち並ぶ

  • 菊水泉を使用した「養老サイダー」は日本で最初のサイダー。復刻版を販売中だ

    菊水泉を使用した「養老サイダー」は日本で最初のサイダー。復刻版を販売中だ

  • 孝子物語にちなんだ養老町の名産、ひょうたんを使ったアートギャラリーも

    孝子物語にちなんだ養老町の名産、ひょうたんを使ったアートギャラリーも

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
養老公園・養老の滝
郵便番号
503-1267
住所
岐阜県養老郡養老町高林1298-2
電話
0584-32-0501(養老公園事務所)
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日
時間
9:00〜17:00
料金
無料
アクセス
養老鉄道「養老」駅から養老公園まで徒歩約10分。「養老」駅から養老の滝まで徒歩約50分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)