風光明媚な禅宗寺院で、本格的な坐禅体験を~神勝寺~

最終更新 :
筆者 : 編集部

天心山神勝寺は、1965年(昭和40年)に創建された臨済宗建仁寺派の寺院です。多宝塔、無明院、国際禅道場などの伽藍が立ち並ぶ境内は、「神勝寺 禅と庭のミュージアム」として、国内外から注目を集める禅の世界の体感スポットとなっています。
この寺院が一般向けに行っている、坐禅や写経を通じて自分を見つめることができる禅修行体験は、大変人気の体験メニューとなっています。

体に最も大切な「呼吸」を意識して坐禅にチャレンジ

今回紹介するのは、日帰りの禅体験です。5年ほど前からスタートしたこの体験は、坐禅に関心のある日本人、また割合はまだ少ないですが外国人も訪れるそう。
受付を済ませたら、まずは坐禅の時間。住職による丁寧な説明があり、初めての人でも安心して本物の坐禅を体験することができます。ポイントは「呼吸」。呼吸法によって、心と体を整えます。

坐禅を行なうのは、国際禅道場の禅堂。
坐禅を行なうのは、国際禅道場の禅堂。
坐禅のルーツはインドのヨガ。エネルギーを体に入れるように深く呼吸をすることが大切。
坐禅のルーツはインドのヨガ。エネルギーを体に入れるように深く呼吸をすることが大切。

食事の場でも、修行中と意識して集中しよう

坐禅のあとは、食事です。食事の時間も修行の一環。僧侶は、決められた作法に則り食事を行います。まずは、食事の前に「五観の偈」というお経を唱えます。提供されるのは「神勝寺うどん」。神勝寺の本山・建仁寺では四と九の就く日は昼食に湯だめうどんを食します。
五観堂では、修行僧の食べ方を模した作法で食事をとります。修行では食事中も細かな作法がたくさんあります。もちろん、体験では実際の修行のように厳しくはありませんが、修行僧と同じような体験をすることができます。

神勝寺うどんを食べられる五観堂(11:00〜14:00)
神勝寺うどんを食べられる五観堂(11:00〜14:00)
神勝寺うどん(1,200円)。実際に僧堂で使う器や箸で食べる。 
※別途拝観料が必要
神勝寺うどん(1,200円)。実際に僧堂で使う器や箸で食べる。
※別途拝観料が必要

写経では、雑念をなくし、書くことに没頭

阿弥陀如来立像が安置されている非佛堂にて、お経を書き写す「写経」を行います。文字を書く作業ではありますが、本来の意味は坐禅と同じ。坐禅は呼吸に集中することで心を静めますが、写経は書くことに集中することで心を静めていきます。きれいに上手く書くことよりも、いかに集中して書くかが大切です。写経は祈祷の意味もあり、書いたものを神様にお供えします。

神勝寺では「般若心経」の写経を行なう。
神勝寺では「般若心経」の写経を行なう。

修行の後は、お茶菓子をいただいてほっと一息

厳しい修行には、ときに休憩も必要です。茶房として営業している含空院で、煎茶とお茶菓子のセットをいただきます。この場も本来は修行の一環であり、飲み方の作法もあるのですが、ほっと一息できる時間です。
含空院は、滋賀県の永源寺より移築した建物です。1377年(永和3年)に建立、一度は兵火で消失したものの、1563年(永禄6年)に再興されました。そんな歴史的にも深い意義を持つ建物も存分に堪能しましょう。

もとは、歴代住持の住居であり修行僧の研鑽の場所だった。
もとは、歴代住持の住居であり修行僧の研鑽の場所だった。
煎茶セット(800円)
※別途拝観料が必要
煎茶セット(800円)
※別途拝観料が必要

神勝寺 禅と庭のミュージアム

神勝寺は、境内をひとつのミュージアムとして、禅・アート・建築物・庭園の魅力を発信しています。アートパビリオン《洸庭》、藤森照信氏による寺務所「松堂」、江戸中期の禅僧・白隠の禅画を常設展示する「荘厳堂」、総門を入ってすぐの賞心庭、中根金作氏による本堂の前に広がる枯山水庭園など、建築物や庭園を愛で歩くだけでも楽しく、食事処や浴室もあり、楽しみながら禅に触れられると人気のスポットとなっています。

神勝寺 禅と庭のミュージアム

時間
9:00〜17:00 (最終受付16:30)
拝観料
一般 1,500円、大学・高校生1,000円、中・小学生500円
総欅造りの総門は、京都にあった旧賀陽宮廷の門を移築したもの。
総欅造りの総門は、京都にあった旧賀陽宮廷の門を移築したもの。
「無明院」の庭園は、“昭和の小堀遠州”と称えられた中根金作の作。
「無明院」の庭園は、“昭和の小堀遠州”と称えられた中根金作の作。
「荘厳堂」は200点を超える白隠禅画を所蔵し、順次かけかえて展示する。
「荘厳堂」は200点を超える白隠禅画を所蔵し、順次かけかえて展示する。

この体験ができる施設はこちら!