広島県の観光中に食べたい、美味しいご当地グルメ!

2021年04月03日
最終更新 :
筆者 : 編集部

原爆ドーム厳島神社広島城などがあり、人気の観光地で知られる広島県。観光の最中に食べる食事にもこだわりたいだろう。広島には、その地域独自で進化を遂げた食文化があり、広島のご当地グルメとして沢山の人気メニューがある。また、瀬戸内海の海の幸も是非楽しんでほしい。お腹も心も大満足の、広島グルメを紹介しよう。

広島風お好み焼き

お好み焼きの名所といえば、大阪と広島が有名だが、それぞれ作り方が違う。大阪風は材料を全て混ぜて焼く作り方だが、広島風は、薄く焼いた生地に沢山のキャベツや豚肉、中華麺などを重ねて焼いている。お好み焼き専門店も沢山あるので、本場の味を楽しんでほしい。

広島風お好み焼き
広島風お好み焼き

牡蠣料理

広島は、牡蠣の養殖に最適な環境に恵まれており、日本での生産量1位。大きくて身が締まった牡蠣は絶品。牡蠣専門店もあるので新鮮な味を楽しんでほしい。また牡蠣を使った海苔や煎餅などのお土産品も人気だ。

新鮮な牡蠣
新鮮な牡蠣

あなごめし

広島県宮島の郷土料理「あなごめし」。穴子の頭や骨からとった出汁で炊いたご飯の上に、ふっくらと焼いた穴子をたっぷりと載せた丼料理。シンプルな料理だが、素材の美味しさを感じられる。宮島だけでなく、広島市内にも多くのお店がある。

あなごめし
あなごめし

尾道ラーメン

広島県尾道市を中心とするご当地ラーメン。醤油ベースのスープに豚の背脂がたっぷり浮かんでおり、見た目はボリュームあるラーメンだが、箸が止まらない美味しさ。有名店も多く、それぞれ独自のこだわりを持っているので、食べ比べもお勧めだ。

尾道ラーメン
尾道ラーメン