赤城神社

モダンなデザインの社殿も魅力。女性や芸能関係者の参拝が多い神社。

3.58

神社

1300年に、群馬県赤城山麓の赤城神社の御分霊をお祀りしたのが始まりと伝えられる赤城神社。
厄除けの神様「磐筒雄命」(いわつつおのみこと)と、女性の願いを叶える神様「赤城姫命」(あかぎひめのみこと)をお祀りしている。良縁成就や安産、夫婦円満などのご利益があるとされ、多くの女性が訪れる。
ガラス張りのモダンなデザインの社殿は、著名建築家、隈研吾により2010年によりリニューアルされたもので、おしゃれな神社としても注目されている。
境内には末社として、学問芸術の神とされる蛍雪神社があり、昔からドラマや映画のヒット祈願に芸能関係者の参拝も多い。末社は他にも、八耳神社、出世稲荷神社、東照宮があるので、併せて参拝したい。
境内の敷地内に建つマンション内には、参拝後に休憩できる「あかぎカフェ」がある。

ポイント

  • 女性の願い事を叶える女神様「赤城姫命」をお祀りしている。
  • モダンなデザインの社殿。
  • 境内にある「あかぎカフェ」はメニューが豊富で、お茶や食事が楽しめる。
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」「目玉おやじ」のかわいい御守りを授与している。
  • エジプトのスフィンクスの様なデザインの狛犬。

写真

  • 拝殿
  • モダンなデザインの拝殿
  • 春の景色
  • 大鳥居
  • 狛犬
  • 蛍雪神社
  • 鳥居の奥に、八耳神社、出世稲荷神社、東照宮がある

口コミ

  • 吳梅珍

    巡禮“負建築大師”隈研吾的代表作。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
赤城神社
創建年代
1300年
郵便番号
162-0817
住所
東京都新宿区赤城元町1-10
電話
03-3260-5071
入場料
無料
休日
無し
時間
24時間参拝可能。社務所は9〜17時に開いている(ご祈祷受付16時まで)
アクセス
東京メトロ東西線「神楽坂」駅出口1 神楽坂口から徒歩1分
公式サイト
公式サイト(日本語)