公式情報

徳川園

変化に富んだ景観を楽しめる、池泉回遊式の日本庭園。

日本庭園

尾張藩二代藩主・光友が、1695年に造営した隠居所「大曽根屋敷」の跡地に作られた日本庭園。当時の敷地は約13万坪(約44ha)の広さだったという。

様式は江戸時代の大名庭園で最も主流であった池泉回遊式。清流が滝から渓谷を下り海に見立てた池へと流れる様子は、日本の自然景観を象徴的に表現している。

さらに徳川園は高低差の大きな地形をそのまま活かすなど、変化に富んだダイナミックな景観を楽しめるのが特長。また、かつて尾張徳川家の江戸屋敷にあった滝を再現した「龍門の瀧」は、20分おきに水量が増すなど園内には訪れた人を楽しませる仕掛けがいっぱい。中国式の石橋が架かり、錦鯉が優雅に泳ぐ龍仙湖の風景もぜひ写真に収めたい。

春にはボタン、初夏にはハナショウブなど、四季折々の花も楽しみ。特に紅葉の時期は園内が真っ赤に色づき、夜にはライトアップが実施される。

ポイント

  • 尾張藩主の隠居所跡に造られた日本庭園。
  • 滝や池、渓流など変化に富んだ景観を見られる。
  • 紅葉の時期は特に美しく、夜にはライトアップも実施される。

写真

  • 龍仙湖とレストランなどが入る観仙楼

    龍仙湖とレストランなどが入る観仙楼

  • 紅葉と大曽根の瀧

    紅葉と大曽根の瀧

  • ハナショウブと和傘

    ハナショウブと和傘

  • 1900年に建てられ、当時の姿をそのまま残している黒門

    1900年に建てられ、当時の姿をそのまま残している黒門

  • 5月ごろには藤の花も美しい

    5月ごろには藤の花も美しい

  • 春はボタンが園を彩る

    春はボタンが園を彩る

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
徳川園
郵便番号
461-0023
住所
愛知県名古屋市東区徳川町1001
電話
052-935-8988
定休日
月曜(祝日の場合は翌平日)
時間
9:30~17:30(入園は~17:00)※変動あり
料金
大人300円、中学生以下無料
アクセス
1)JR「大曽根」駅南口より徒歩約10分
2)名古屋市営地下鉄・名鉄「大曽根」駅より徒歩15分
3)各線「名古屋」駅よりなごや観光ルートバス メーグルで約36分
4)各線「名古屋」駅より基幹バス2号系統で約25分、徳川園新出来より徒歩約3分
クレジットカード
使用不可
公式サイト
公式サイト(日本語)