公式情報

鶴舞公園

季節の花々に彩られた歴史ある総合公園。

公園

名古屋市が設置した最初の公園として1909年に開園し、2019年には開園110周年を迎えた名古屋を代表する総合公園。ローマ様式の大理石柱に岩組みという和洋折衷式の噴水塔やイタリアルネサンス風の奏楽堂など、歴史を感じさせるモニュメントやランドマークが園内の随所に見られる。1937年に東山に移されるまで、この地に市立動物園が設置されていたという歴史も残っている。

「さくらの名所100選」にも選定されており、春は大勢の花見客でにぎわいを見せる。夜はライトアップも実施されとても美しい。竜ヶ池の水面に浮見堂と桜が映る様子も趣がありおすすめだ。

桜のみならず年間通して季節の花々が咲き誇り、日本らしい美しい風景が見られる。特に5~6月ごろに約2万株のハナショウブが一斉に咲く様子は必見。秋の紅葉も素晴らしい。

園内の名古屋市緑化センターの周辺には樹木見本園があり、館内にはグリーンサロン(温室)などがある。緑化センターの名物となっている「酔芙蓉(スイフヨウ)」は、花の色が朝方は白、昼はピンク、夕方は紅色に変わる不思議な植物で、8月上旬から10月上旬までが見ごろ。

ポイント

  • 名古屋市が設置した最初の公園として1909年に開園。歴史を感じさせるスポットが園内の随所に。
  • 「さくらの名所100選」に選定されており、名古屋随一の花見の名所として知られる。
  • ハナショウブやバラ、紅葉など、年中を通して美しい風景を見せてくれる。

写真

  • 1909年に開園した歴史ある公園

    1909年に開園した歴史ある公園

  • 各種の演奏会が催された奏楽堂

    各種の演奏会が催された奏楽堂

  • ローマ様式の大理石柱に岩組みという和洋折衷式の噴水塔

    ローマ様式の大理石柱に岩組みという和洋折衷式の噴水塔

  • 「さくらの名所100選」に選定されている

    「さくらの名所100選」に選定されている

  • 5~6月ごろに約2万株のハナショウブが咲き誇る

    5~6月ごろに約2万株のハナショウブが咲き誇る

  • バラの見ごろは春と秋の年2回

    バラの見ごろは春と秋の年2回

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
鶴舞公園
郵便番号
466-0064
住所
愛知県名古屋市昭和区鶴舞1-1
電話
052-733-8340(緑化センター・鶴舞公園事務所)
定休日
無休 ※名古屋市緑化センターは月曜日(祝日の場合は翌日)、第3水曜
時間
入園自由(名古屋市緑化センターは9:00~16:30)
料金
入園無料
アクセス
JR・名古屋市営地下鉄「鶴舞」駅からすぐ
クレジットカード
使用不可
公式サイト
公式サイト(日本語)