公式情報

千畳敷カール

中央アルプスの稜線を間近に望む、氷河が造り出した椀状の地形で、高山植物の宝庫。

景勝地

長野県駒ヶ根市と宮田村にまたがる中央アルプス・宝剣岳の直下に広がる、2万年前に氷河で浸食された椀状の谷。四季折々でダイナミックな変化を見せる雄大な景色を求め、全国から多くの登山者や観光客が訪れている。

駒ヶ根高原からは路線バスと駒ヶ岳ロープウェイで「千畳敷」駅へアクセス。千畳敷カール内には遊歩道が整備されており、40分ほどで周遊が可能だ。

高山植物の宝庫としても知られ、夏には標高2,500mを超える高山帯の岩肌一面にさまざまな植物が咲き誇る。シナノキンバイをはじめ、数年に一度しか咲かないといわれるコバイケイソウなど、約150種の高山植物が7月中旬~8月上旬頃にかけて見頃を迎える。

さらに、春にはスノーシューやスキーを、秋には色とりどりの草紅葉を、冬には純白の冬景色と満点の星空が楽しめ、一年を通してそれぞれの魅力が感じられるスポットだ。

ポイント

  • 2万年前に氷河で浸食された椀状の谷。
  • 四季折々でダイナミックな変化を見せる雄大な景色を楽しめる。
  • 遊歩道が整備されており、40分ほどで周遊が可能。
  • 高山植物の宝庫で、7月中旬~8月上旬頃にかけて約150種が見頃を迎える。
  • 秋の紅葉や冬の雪景色も見もの。

写真

  • 可憐な高山植物と山の険しい岩肌が真っ青な空に映える

    可憐な高山植物と山の険しい岩肌が真っ青な空に映える

  • 千畳敷カールへは、ロープウェイでアクセス

    千畳敷カールへは、ロープウェイでアクセス

  • 千畳敷を代表する高山植物「シナノキンバイ」

    千畳敷を代表する高山植物「シナノキンバイ」

  • コバイケイソウ

    コバイケイソウ

  • 紅葉の時期は山肌が赤やオレンジ、黄色に色付く

    紅葉の時期は山肌が赤やオレンジ、黄色に色付く

  • 雲海が見られることもある

    雲海が見られることもある

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
千畳敷カール
郵便番号
399-4117
住所
長野県駒ヶ根市赤穂
電話
0265-83-3107(中央アルプス観光)
定休日
ロープウェイは荒天時、ほかメンテナンス休あり
時間
8:00~17:00(時期により変動あり)
料金
散策無料(菅の台バスセンターからはバスとロープウェイでアクセス。2つの乗車券がセットになった往復乗車券は4,200円)
アクセス
菅の台バスセンターから路線バスで約30分、「しらび平」駅下車、駒ヶ岳ロープウェイで約7分30秒、「千畳敷」駅からすぐ
クレジットカード
菅の台バスセンター、千畳敷駅のみ可(VISA、JCB、Mastercard)
公式サイト
公式サイト(日本語)