公式情報

地主神社

神代の創建とされ、世界文化遺産にも登録される縁結びの神様。

神社、世界遺産

京都の代表的観光スポット、清水寺の中に位置する神社で「清水の舞台」を過ぎるとすぐに境内が見えてくる。創建は日本建国以前の神代とされ、京都盆地がまだ湖だった頃からこの地に鎮座し、不老長寿の霊山として信仰を集めていた。社殿と境内地全域が国の重要文化財に指定され、世界文化遺産に登録されている。

主祭神は縁結びの神様として有名な大国主命で、境内には縁結びにまつわる社殿や祈願所が集結。なかでも人気なのが、本殿前にある「恋占いの石」だ。10mほど離れて立つ2つのご神石で、一方の石からもう一方の石まで目を閉じて歩き、無事たどり着くことができると恋の願いが叶うとされている。江戸時代の文献にもこの手法で願掛けをしていたと記される文献が残り、古くから占いの名所だったことがうかがえる。また、最近の研究で、この石は縄文時代のものということが判明した。

正殿には、大国主命の父母神、素戔嗚命(すさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)、さらに奇稲田姫命の父母神、足摩乳命(あしなずちのみこと)・手摩乳命(てなずちのみこと)を祀る。三代続きの神々をお祀りしていることから、子授け安産の信仰も集めている。水をかけて祈願すると願いが叶う「水かけ地蔵」、どんな願い事でもひとつだけなら必ず叶えてくれる「おかげ明神」、三度打つと良縁がいただけるという「銅鑼の音祈願」など、地主神社の境内だけで良縁祈願めぐりができる。

片思いの人、両思いの人、既婚者等など、さまざまな状況に応じた良縁守りを授与している。

ポイント

  • 縁結びにご利益があるとして各地から多くの人が訪れる。
  • 「恋占いの石」は最強の縁結びスポット。
  • 創建は日本の建国以前の神代とされる。
  • 境内で良縁巡りができるほどご利益スポットが多数。
  • 世界文化遺産に登録され、社殿と境内全域が国の重要文化財。

写真

  • 主祭神・大国主命の銅像がお出迎え

    主祭神・大国主命の銅像がお出迎え

  • 縁結びの神様として多くの人が訪れる

    縁結びの神様として多くの人が訪れる

  • 恋愛成就の願掛け石「恋占いの石」

    恋愛成就の願掛け石「恋占いの石」

  • 「撫で大国」は撫でる箇所によりそれぞれのご利益がいただける

    「撫で大国」は撫でる箇所によりそれぞれのご利益がいただける

  • どんな願いでもひとつだけ叶えてくれる「おかげ明神」

    どんな願いでもひとつだけ叶えてくれる「おかげ明神」

  • 良縁祈願のお守りも多数

    良縁祈願のお守りも多数

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
地主神社
郵便番号
605-0862
住所
京都府京都市東山区清水1-317
電話
075-541-2097
定休日
無休
時間
9:00~17:00
料金
無料 ※清水寺の入山料要
アクセス
1)各線「京都」駅から市バス五条坂下車、徒歩15分
2)京阪本線「祇園四条駅」または阪急京都線「河原町」駅から京都バス清水道下車、徒歩14分
公式サイト
公式サイト(日本語)