公式情報

高台寺

豊臣秀吉の正室ねね(北政所)が、秀吉の菩提の弔いと自らの墓所のために創建した名刹。京都はもちろん全国でも屈指の紅葉名所としても知られる。

寺院

京都東山の山麓、八坂の塔で有名な法観寺の北東にある臨済宗建仁寺派の禅宗寺院。豊臣秀吉没後、正室ねね(北政所)は大阪から京都へ移り住み出家する。その後の1606(慶長11)年秀吉の菩提を弔い、自身の墓所として東山界隈でも屈指の名刹、高台寺(正式な名称:高台聖寿禅寺)を創建する。寺名はその時、後陽成天皇より「高台院」の号を賜ったことに由来する。

徳川家康の命令のもと、この地にあった寺の移動や跡地の整備造営し出来上がった寺観は荘厳を極めたという。その後、幾度もの火災で多くの堂宇を焼失してしまったが、開山堂や霊屋、表門、観月台、茶室の傘亭・時雨亭は現在も残り、安土桃山時代の華麗な面影を留めている。いずれも創建当時のもので、国の重要文化財に指定されている貴重な遺産だ。

境内北東の他より一段高い場所に建つのが、ねねと秀吉を祀った霊屋。内陣の須弥壇や厨子には、高台寺蒔絵と呼ばれる装飾が施されている。黒漆に金粉や銀粉を施した豪華絢爛かつ上品な蒔絵には、安土桃山時代の漆工芸の粋が結集。日本の歴史上で最も華やかだったとされる時代の、優れた芸術文化を今に伝える名品だ。

ほかにも千利休の意匠による茶室や小堀遠州が作庭した庭園など境内の見どころは尽きないが、高台寺の名を国内外に轟かせているのが秋の紅葉だ。約1,000本ものモミジが織り成す、美しいグラデーションは圧巻。夜のライトアップでは、荘厳で神秘的な美景を堪能できる。

ポイント

  • 安土桃山時代の文化を今に伝える建築群。
  • 霊廟。霊屋の内陣に施された高台寺蒔絵。
  • 伏見城で千利休が手がけた茶室、傘亭、時雨亭。
  • 小堀遠州の作庭による高台寺庭園。
  • 約1,000本のモミジが色づく秋の紅葉。

写真

  • 秀吉とねねを祀る霊屋

    秀吉とねねを祀る霊屋

  • 高台寺蒔絵が施された霊屋内陣

    高台寺蒔絵が施された霊屋内陣

  • 紅葉が美しい臥龍池

    紅葉が美しい臥龍池

  • 千利休の意匠による茶室、傘亭

    千利休の意匠による茶室、傘亭

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
高台寺
郵便番号
605-0825
住所
京都府京都市東山区下河原町526
電話
075-561-9966
定休日
無休
時間
9:00~17:30(最終受付17:00)※夜間特別拝観期間は~22:00(最終受付21:30)
料金
拝観料600円
アクセス
1)京阪本線「祇園四条」駅から徒歩15分
2)阪急京都線「四条河原町」駅から徒歩20分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)