公式情報

龍安寺

15の石が配された枯山水庭園「石庭」で名高い、世界遺産登録の禅刹。平安期の名残を留める回遊式庭園も見事で、紅葉の名所としても知られる。

3.95 1

寺院、世界遺産

「古都京都の文化財」の一つとしてユネスコ世界文化遺産に登録されている、臨済宗妙心寺派の禅宗寺院。室町時代の1450(宝徳2)年、幕府の管領だった細川勝元が徳大寺家の山荘を譲り受け、妙心寺第五祖の義天玄承禅師を開山に迎えて創建した。後の応仁の乱で焼失するが、勝元の子・政元の下で妙心寺の僧・特芳禅傑の尽力により再興。方丈や石庭も、この頃に造営されたと伝えられている。

石庭として名高い方丈庭園(史跡・特別名勝)は、三方を築地塀で囲んだ枯山水の平庭。1975年の公式訪問で龍安寺に立ち寄ったエリザベス2世が絶賛したことで、抽象造形の極みとして国内外に広く知られる名庭となった。石の配置は東から5、2、3、2、3の計15で、「七五三の庭」や「虎の子渡しの庭」とも称される。しかし、どの角度から鑑賞しても一度に15個すべての石が見えない不思議な造りになっている。相阿弥の作とも伝えられるが、作者も作庭年代も詳細は不明。そんな謎めいたところも、人を惹きつける要因の一つなのかもしれない。

一方、境内の南半分を占める鏡容池を中心とした回遊式庭園も、大きな見どころ。貴族が舟遊びを楽しんでいた平安期の庭園様式を、今に留めている。江戸時代にはオシドリの名所として知られるようになり、石庭より有名だったという。四季折々に趣ある風景を楽しめるが、とりわけ秋の紅葉は格別の美しさで、毎年多くの参拝者で賑わう。

ポイント

  • エリザベス2世が絶賛し世界に広まった名庭園、石庭。
  • どの角度から鑑賞しても一度に全ての石が見えない石庭の不思議。
  • かつては石庭を凌ぐ名所として知られた、回遊式庭園。

写真

  • 世界的に知られる名庭園、石庭(方丈庭園)

    世界的に知られる名庭園、石庭(方丈庭園)

口コミ

1
  • 陳世明

    最多人參觀的方丈庭園,靜靜的欣賞石庭,使人整個心情沉澱下來。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
龍安寺
郵便番号
〒616-8001
住所
京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
電話
075-463-2216
定休日
無休
時間
8:00~17:00(12~2月は8:30~16:30)
料金
拝観料500円
アクセス
1)京福電鉄(嵐電)北野線「龍安寺」駅から徒歩7分
2)JR「京都」駅から京都市バス50系統で立命館大学前下車、徒歩7分
3)阪急京都線「大宮」駅から京都市バス55系統で立命館大学前下車、徒歩7分
4)京阪本線「三条」駅から京都市バス59系統で竜安寺前下車、徒歩すぐ
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)