公式情報

仁和寺

宇多天皇による創建以来、皇族が代々の住職を務めた日本初の門跡寺院。御所の宮殿を移築した金堂(国宝)や、皇族の御室だった御殿など、宮殿建築の貴重な遺構が見どころ。

寺院、世界遺産

「古都京都の文化財」の一つとしてユネスコ世界文化遺産に登録されている、真言宗御室派の総本山。平安時代前期の仁和2(886)年、第58代光孝天皇の勅願で建立が始まり、次代宇多天皇によって仁和4(888)年に創建された。次号の仁和は、寺号に由来している。

宇多天皇は寛平9(897)年に譲位し、後に仁和寺第1世宇多(寛平)法皇として入寺。境内に御室(御座所)を設けて居住したことから御室御所と称され、その後も皇族が代々住職を務める門跡寺院として高い格式を誇った。

境内奥にある金堂は、桃山時代に建てられた京都御所の紫宸殿を江戸時代前期の寛永年間(1624−1645年)に移築。当時の宮殿建築を今に伝える貴重な遺構として、仁和寺で唯一国宝に指定されている。堂内には、御本尊である阿弥陀三尊像をはじめ四天王像や梵天像などを安置し、壁には浄土図が極彩色で描かれている。

宸殿、白書院、霊明殿などの殿舎と、北庭、南庭、茶室からなる御殿は、かつての宇多天皇の御室。明治から大正時代にかけて再建されたもので、建造物は国の登録有形文化財に指定されている。

広い境内でもひときわ目を引くのが、高さ約36mの五重塔だ。建立は寛永21(1644)年で、同時期に建てられた東寺の五重塔とともに、江戸時代前期を代表する名塔として知られる。各層の屋根幅や層高にあまり差がない端正な姿が特徴的で、真下に立って見上げるとその素晴らしさを実感できる。京都一の遅咲きといわれる御室桜とともに、仁和寺のシンボル的存在だ。

ポイント

  • 門跡寺院の格式を留める、御殿の宮廷建築。
  • 御所の宮殿建築を移築した国宝、金堂。
  • 江戸前期を代表する名塔、五重塔。
  • 遅咲きで樹高が低い、御室桜。

写真

  • 玄関口にあたる巨大な仁王門(重要文化財)

    玄関口にあたる巨大な仁王門(重要文化財)

  • 仁和寺唯一の国宝建造物、金堂

    仁和寺唯一の国宝建造物、金堂

  • 御殿の宸殿内部

    御殿の宸殿内部

  • 端正な姿が印象的な五重塔(重要文化財)

    端正な姿が印象的な五重塔(重要文化財)

  • 遅咲きと背丈の低さが特徴の御室桜

    遅咲きと背丈の低さが特徴の御室桜

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
仁和寺
郵便番号
616-8092
住所
京都府京都市右京区御室大内33
電話
075-461-1155
定休日
無休
時間
3~11月9:00~17:00、12~2月9:00~16:30(ともに最終受付は30分前)
料金
境内拝観無料、御所庭園800円、霊宝館(期間限定)500円、茶室「遼廓亭」「飛濤亭」1,000円(要別途御殿拝観料、5名以上で7日前までに要予約)、御室花まつり特別入山料500円
アクセス
1)京福電鉄(嵐電)北野線「御室仁和寺」駅から徒歩3分
2)JR嵯峨野線「花園」駅から徒歩15分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)