公式情報

京都市京セラ美術館

アート、レトロ建築、日本庭園と見どころ満載の美術館。

美術館

日本で2番目となる大規模な公立美術館「大礼記念京都美術館」として誕生。その後、「京都市美術館」へ名称を変更した。2020年の春、通称を「京都市京セラ美術館」としてリニューアルオープン。

近代京都画壇の作品を中心に日本画、洋画、彫刻、版画、工芸、書などの作品3800点を超えるコレクションを所蔵している。館内は、現代アートを魅力的に展示できる最新設備を持つ「東山キューブ」、シャープな内装が印象的な、新進作家を中心に発信する「ザ・トライアングル」、コレクションルームとして収蔵品を展示する専用スペースなど、同時に多数の展覧会が開催可能な、複数の展示スペースがあり、さまざまな時代やジャンルのアートを広く展示している。

美術館の建物自体がアーティスティック。和と洋が一体となった歴史的建築の外観を活かす構造になっていて、「ガラス・リボン」と名付けられたエントランスが地下にある。伝統と革新をミックスさせ発信していく、「京都」そのものを体現したよう。明るく真っ白な大空間が広がる「中央ホール」、使用されていなかった本館内中庭を多目的スペースとして活用する「光の広間」・「天の中庭」など、歩みを進めるごとに雰囲気ががらりと変わる。

館外には、日本庭園もあり。京都市民の憩いの場として愛されている。

ポイント

  • 日本で2番目にオープンした、歴史のある美術館。公立美術館として日本で現存するもっとも古い建築。
  • 2020年にリニューアルオープン。和洋が融合した外観に最新建築をミックスし、より魅力的な構造にチェンジ。
  • 3800点を超えるコレクション、企画展などさまざまな時代のアートを展示している。
  • 日本庭園は休館日や閉館後も見学可能。早朝の散歩コースにもおすすめ。

写真

  • 外観は、創業当時の建築様式をそのまま引き継いだ
撮影:来田猛

    外観は、創業当時の建築様式をそのまま引き継いだ 撮影:来田猛

  • メインエントランスの「ガラス・リボン」には、限定商品を販売しているショップ、カフェスペースがある
撮影:来田猛

    メインエントランスの「ガラス・リボン」には、限定商品を販売しているショップ、カフェスペースがある 撮影:来田猛

  • 真っ白な壁&高い天井の空間に圧倒される「中央ホール」
撮影:来田猛

    真っ白な壁&高い天井の空間に圧倒される「中央ホール」 撮影:来田猛

  • かつての本館内中庭にガラス屋根を付けることで室内化した「光の広間」
撮影:来田猛

    かつての本館内中庭にガラス屋根を付けることで室内化した「光の広間」 撮影:来田猛

  • 1年を通して四季の変化を楽しめる「日本庭園」
撮影:来田猛

    1年を通して四季の変化を楽しめる「日本庭園」 撮影:来田猛

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
京都市京セラ美術館
郵便番号
606-8344
住所
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
電話
075-771-4334
休館日
月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
時間
10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
料金
展覧会ごとに異なる
アクセス
1)地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約8分
2)京阪本線「三条」駅から徒歩約16分
3)地下鉄東西線「三条京阪」駅から徒歩約16分
クレジットカード
可(VISA、Master Card)
公式サイト
公式サイト(日本語)