公式情報

平安神宮

現代の京都に、平安時代の雅な文化を伝える歴史的な建造物。

神社

遠くからでも目に飛び込んでくる高さ24m、幅18mの大鳥居がトレードマークの神社。日本の都を京都に移した平安時代から1100年を迎えたことを記念し、1895年に創建。平安遷都を行った第50代桓武天皇と有終の第121代孝明天皇が祀られている。

社殿は、平安時代に政治を行った中心的な場所「朝堂院」を約8分の5のサイズで再現したもの。朱色と緑の色鮮やかなコントラストが美しい建物を目にすることができる。約1200年前の京都へタイムスリップしたかのような、当時の優雅な雰囲気が漂う。

社殿の周りには東・中・西・南の4エリアからなる、広さ約30,000㎡の日本庭園「神苑」がある。春はしだれ桜、夏は花菖蒲、秋は紅葉、冬は雪景色と季節ごとに日本の美しさを堪能できる。

行事で有名なのは、京都三大祭のひとつ「時代祭」。平安遷都の日である10月22日に毎年行われる。明治時代から、江戸時代、安土桃山時代をさかのぼって、8つの時代それぞれの装束をまとった人びとが練り歩く。総勢約2000人が参加し、約4kmの道のりを行く姿は圧巻。

ポイント

  • 平安遷都1100年を記念して建てられた神社で、平安時代の建物が再現されている。
  • 4エリアで構成された日本庭園があり、日本の四季を感じられる。
  • 京都三大祭りのひとつ「時代祭」は明治時代、江戸時代など8つの時代の文化を楽しめる。
  • トレードマークの大鳥居は、高さ24m、幅18mの巨大建築物でフォトスポットにおすすめ。

写真

  • 1928年に昭和天皇の御大典が京都で行われたのを記念し建てられた大鳥居

    1928年に昭和天皇の御大典が京都で行われたのを記念し建てられた大鳥居

  • 平安時代の正庁「朝堂院」の南面正門を模した「応天門」

    平安時代の正庁「朝堂院」の南面正門を模した「応天門」

  • 「応天門」を抜けると見えてくるのが「大極殿」。重要文化財に指定されている

    「応天門」を抜けると見えてくるのが「大極殿」。重要文化財に指定されている

  • 桜や紅葉など四季折々の景色が楽しめる日本庭園「神苑」

    桜や紅葉など四季折々の景色が楽しめる日本庭園「神苑」

  • 毎年10月22日に行われる「時代祭」は、日本の歴史・文化がうかがい知れる

    毎年10月22日に行われる「時代祭」は、日本の歴史・文化がうかがい知れる

  • 「時代祭」には、全国から毎年多くの見物客が集まる

    「時代祭」には、全国から毎年多くの見物客が集まる

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
平安神宮
郵便番号
606-8341
住所
京都府京都市左京区岡崎西天王町97
電話
075-761-0221
定休日
無休
時間
2月15日~3月14日・10月1日~10月31日6:00~17:30(神苑拝観受付時間8:30~17:00)、
3月15日~9月30日6:00~18:00(神苑拝観受付時間8:30~17:30)、
11月1日~2月14日6:00~17:00(神苑拝観受付時間8:30~16:30)
【年末年始】
12月31日~1月1日終夜~19:00、
1月2・3日 6:00~18:30、
1月4~11日6:00~17:30、
1月12日~6:00~17:00(神苑拝観受付時間8:30~16:30)
料金
無料(神苑拝観料は大人600円、小人300円)
アクセス
1)地下鉄東西線「東山」駅から徒歩10分
2)京阪鴨東線「三条」駅、「神宮丸太町」駅から徒歩15分
クレジットカード
なし
公式サイト
公式サイト(日本語)