明石海峡大橋塔頂体験(明石海峡大橋ブリッジワールド)

明石海峡塔頂からの大パノラマが堪能できる体験ツアー。

更新 :

兵庫県神戸市と淡路島を結ぶ世界最大級の吊り橋・明石海峡大橋。全長3,911mのこの吊り橋を支える主塔は、高さ約300mにも及び、その高さから神戸の街並みや淡路島を見渡すことができるのが、明石海峡大橋塔頂体験だ。

体験ツアーの集合場所は、道の駅あわじに隣接する明石海峡大橋の淡路島側アンカレイジ。まずはビデオで塔頂体験の注意事項を確認し、落下防止用のストラップやヘルメットなどを着用。準備が整えば、海面からの高さが40mを超える管理路を歩き、塔頂を目指す。ガイドは明石海峡大橋の建設に関わった橋梁技術者。実際に作業されていた管理路を歩きながら、橋の技術や歴史などについてプロから聞くという、とても貴重な体験ができる。

管理路を1kmほど歩けば、ついに主塔に到着!エレベーターで登り、天井の扉をくぐると約300mの高さからの絶景がお待ちかね。神戸の街並みや淡路島、瀬戸内海の風景など大パノラマが広がる。空気が澄んでいる日はあべのハルカスを望むこともできるのだとか。

普段は立ち入ることができない場所を通り、吊り橋と海の調和が美しい絶景を眺められる感動体験を満喫しよう。

ポイント

  • 普段は立ち入ることのできないアンカレイジや主塔に入ることができる。
  • 海面からの高さが40mを超えるスリル満点の管理路を移動できる。
  • 明石海峡大橋の建設に関わった橋梁技術者が案内してくれる。
  • 高さ約300mからの神戸の街並みや淡路島を見下ろすことができる。

詳しい体験レポートを見る!

写真

  • 「道の駅あわじ」から望む。左側のコンクリートの構造物が35万トンの重さがあるアンカレイジ

    「道の駅あわじ」から望む。左側のコンクリートの構造物が35万トンの重さがあるアンカレイジ

  • 集合場所のアンカレイジ内でツアーに関する説明を受け、明石海峡大橋の建設の動画も視聴

    集合場所のアンカレイジ内でツアーに関する説明を受け、明石海峡大橋の建設の動画も視聴

  • ビル10階相当の高さまで、階段を使って登ります

    ビル10階相当の高さまで、階段を使って登ります

  • 橋について解説するガイドさんは、建設に携わった橋梁技術者

    橋について解説するガイドさんは、建設に携わった橋梁技術者

  • 管理路は、端を歩くと危険なので、真ん中を歩きましょう

    管理路は、端を歩くと危険なので、真ん中を歩きましょう

  • 管理路からの眺めもまた絶景。風がよく通り、日差しも当たらないので気持ち良く歩ける

    管理路からの眺めもまた絶景。風がよく通り、日差しも当たらないので気持ち良く歩ける

  • ついに塔頂に到着。171段の階段を登り、1km歩いた後の絶景は喜びもひとしお

    ついに塔頂に到着。171段の階段を登り、1km歩いた後の絶景は喜びもひとしお

  • 淡路島側の主塔から見下ろす神戸の街並み。アーチを描く両サイドのケーブルも美しい

    淡路島側の主塔から見下ろす神戸の街並み。アーチを描く両サイドのケーブルも美しい

  • 毎時0分は虹色に、毎時30分は宝石色に輝く。写真提供:本州四国連絡高速道路株式会社

    毎時0分は虹色に、毎時30分は宝石色に輝く。写真提供:本州四国連絡高速道路株式会社

口コミ

体験情報

体験名称
明石海峡大橋塔頂体験(明石海峡大橋ブリッジワールド)
住所
集合場所:道の駅あわじ 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1873-1
電話
078-784-3396
営業時間・実施日
午前の部(9:45~)、午後の部(13:20~)・4/1〜11/30の金〜月曜、祝日
定休日
月〜水曜、12/1〜3/31
支払い方法
現金のみ
予算
¥5,000
受入可能な人数(グループ)
午前の部 36人、午後の部 36人
多言語サポート
英語、中国語(簡体字)、韓国語
公式サイト
公式サイト