公式情報

宮野園

日本国内の北限にある大規模茶産地・狭山茶を愉しむ茶園。

体験・体験施設

日本人にとって身近な飲み物といえば「日本茶」だ。手順にそって日本茶を淹れ、香りと味わいを嗜む。この素晴らしさを、もっと感じてもらい、後世に伝えていく。そんな想いを掲げ、1世紀以上日本茶の製造・販売を続けてきたのが茶園「宮野園」だ。

宮野園があるのは、埼玉県狭山市。日本国内の大規模な茶産地としては北限に位置しているエリア。寒い土地でとれる茶の葉を生かした茶作りの工夫が長年続けられている。

仕上げの工程で行われる「狭山火入れ(さやまびいれ)」による独特の香ばしさや、肉厚の葉を用いることによる、甘く濃厚で、コクのある味わいが特徴。「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でトドメさす」と唄われる程、茶の形状よりも味を重視した茶づくりを行っている。

宮野園では製造・販売だけでなく、お茶摘みの体験できるスポットとしても人気が高い。5月上旬〜11月上旬まで体験可能。そのほか、抹茶体験などの日本茶にまつわる多くの講座も用意されている。日本茶に興味がある方はぜひ立ち寄ってみよう!

ポイント

  • 日本北限の大規模茶産地。
  • 寒い土地で取れる葉の葉を生かした茶作りが行われている。
  • 日本茶の中でも甘く濃厚でコクのある狭山茶。
  • 茶摘み体験や、体験講座ができる。(完全予約制)

写真

  • 日本北限の大規模茶産地
  • 茶摘み体験(完全予約制)
  • 様々な体験講座がある

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
宮野園
郵便番号
350-1315
住所
埼玉県狭山市北入曽25-2
入場料
お茶摘み体験1,000円〜、抹茶体験2,500円〜
定休日
無休
営業時間
<お茶摘み体験:5月上旬〜11月上旬>1部10:00〜/2部13:30〜、<抹茶体験:通年>※いずれも完全予約制
電話番号
04-2959-3025
アクセス
(1)西武新宿線「狭山駅」からバスで約7分、下車徒歩約10分
(2)関越自動車道「川越」インターまたは圏央道「狭山・日高」インターから車で約15分
公式サイト
公式サイト(日本語)