公式情報

円月島

「日本の夕陽百選」のひとつ。ランドマーク的存在の美しい海景色。

3.67 3

名勝

絵画や写真、郵便切手などの題材としておなじみの南紀白浜エリアのランドマーク的存在。正式な名称は「高嶋」であるが、島の中央付近に海食洞(穴)が空いていることから一般的に「円月島」と呼ばれている。

島がある海域は非常に透明度が高く、空色が海面に映り込む日中は、ブルーのキャンパスにぽっかりと浮かぶような島の様子が美しい。またサンセットの時間帯もまた違った趣き。遥か彼方、四国方面の水平線に夕日が沈んでいき、橙・黄・赤色に空を染めあげるシーンと風雅な島が紡ぎ出す絶景のハーモニーは見事のひと言だ。この絶景のすばらしさは、識者らにも評価されて「和歌山県の夕陽百選」だけでなく、「日本の夕陽百選」のひとつにも選定されている。

夕陽が海食洞越しに見ることのできる時期は限られていて、通年であれば3月20日頃から、4月5日頃までの約2週間と、9月23日頃の時期のみ。いわゆる春分・秋分の日あたりが見ごろとなる。また引き潮になり水面が下がると、島の周囲に隠れていた荒々しい岩肌が顔を出すシーンもチェックポイント。

かつては海岸に降りて島のそばまで近づくことが可能だったが、現在は島の劣化が激しいため立ち入りは禁止されている。(2021年7月情報)

ポイント

  • 島の中央付近に海食洞(穴)が空く珍しい島。
  • 昼間もサンセットの時間帯もいずれも絶景。
  • 「和歌山県の夕陽百選」「日本の夕陽百選」に選定。

写真

  • 夕陽が海食洞越しに見える時期は春・秋の限られた時期のみ

    夕陽が海食洞越しに見える時期は春・秋の限られた時期のみ

  • 幻想的な夕陽のシーン

    幻想的な夕陽のシーン

  • 島周辺の海は透明度が高い

    島周辺の海は透明度が高い

口コミ

  • Ami Lin

    一定要看日落超美的,但拍照人也很多。

  • 孫佳玲

    位於和歌山的南紀白濱的圓月島,風景優美,一望無際,慢活。

  • 陳建韋

    有許多外國遊客要拍攝美麗日落的照片,完全不在意自身安全搞得險象環生,日本人看得直搖頭!

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
円月島
郵便番号
649-2211
住所
和歌山県西牟婁郡白浜町臨海
電話
0739-43-3201(一般社団法人 南紀白浜観光協会)
定休日
見学自由
時間
見学自由
料金
見学自由
アクセス
JR「白浜」駅より明光バスで約15分、バス停臨海下車
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)