公式情報

和歌山城

三層で白亜の大天守から眺める和歌山市街の景色が美しい。

3.87 2

城、史跡

天正13(1585)年、紀州を平定した羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が実の弟である秀長に指示して築かせたのが始まり。場所は紀ノ川下流の虎伏山で、その後に家臣の桑山重晴が和歌山城代となった。関ヶ原の戦いの後は、新たな城主となった浅野幸長が連立式天守の建築に着手。城下町を整備するとともに、現在の本丸だけでなく二の丸・西の丸へも屋敷を造営し、元和5(1619)年には徳川家康の十男だった頼宣へと受け継がれた。

三層で白亜の大天守からは、一級河川の紀ノ川が流れる様子や、その周辺に形成された市街の全体像が目の前に。ほかにも一の橋と大手門、さらに旧藩時代の数少ない遺構のひとつである岡口門と、見どころは多数ラインアップする。なかでも名勝として名高い西之丸庭園の素晴らしさは格別だ。この庭園は、江戸初期の大名庭園の雰囲気を色濃く残した池泉回遊式で、虎伏山の斜面を上手く活用しながら作庭しているのが特徴。作庭者は小堀遠州とも言われているが、浅野家の家老であった上田宗箇であったなど説はさまざまである。

また江戸時代の庭内には書院式茶室の数寄屋が立ち、往時の殿様が茶の湯を楽しんだであろうシーンを振り返ることもできる。

ポイント

  • 羽柴秀吉が実の弟である秀長に指示して築かせたのが始まり。
  • 三層で白亜の大天守から、和歌山市街の全体像が見渡せる。
  • 池泉回遊式の大名庭園など見どころが多数。

写真

  • 三層の大天守

    三層の大天守

  • ライトアップされた夜の姿も美しい

    ライトアップされた夜の姿も美しい

  • 江戸時代から残る岡口門  

    江戸時代から残る岡口門  

  • 緑に囲まれた公園内にある

    緑に囲まれた公園内にある

  • わかやま歴史館

    わかやま歴史館

  • 養翠園茶室 実際庵の再現(わかや歴史館)

    養翠園茶室 実際庵の再現(わかや歴史館)

口コミ

  • Ami Lin

    風景絕美,夜景也很漂亮,佔地不大,工作人員也非常熱心。

  • Ronald2000

    站在天守閣居往下望去,看著底下的城區街道,宛如朕即天下!

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
和歌山城
郵便番号
640-8146
住所
和歌山県和歌山市一番丁3
電話
073-422-8979
定休日
12月29日~12月31日
時間
9:00〜17:30(最終入場17:00)
料金
大人410円、小・中学生200円
アクセス
1)JR各線「和歌山」駅から和歌山バスで約15分
2)南海各線「和歌山市」駅から徒歩約10分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)