公式情報

総本家めはりや 新宮本店

高菜の漬物とご飯が好マッチ! 南紀エリアの郷土食を満喫。

めはり寿司専門店

高菜の漬物で俵型のおにぎりを包んだ、めはり寿司は新宮を中心とした南紀エリアで古くから馴染みのあるソウルフード。もともとは海や山で働く人たちのお弁当の定番だったそうで、近年は漬物とご飯が一体となった野趣あふれる味わいや、時間が経っても型崩れしにくい見た目の美しさからコンビニ飯としても注目を集めている。

名前の由来は諸説あるが、口に入れた際にその美味しさと大きさに驚いて目を見開いた様子から「めはり(目張り)」と呼ばれるようになったというのが有力。またご飯は醤油で味付けするのが一般的。店によっては酢飯にしたり、梅干しを具材に入れるなど、さまざまなバリエーションが存在しているのもチェックしよう。

さて1962(昭和37)年に創業し、めはり寿司をいち早く商品化したことで知られるのが「総本家めはりや」。現在は新宮に本店を構えるほか、JR和歌山駅前で支店も営業している。こちらではご飯の中に高菜の茎を刻んだものを具材として入れ、醤油ベースの秘伝のタレを加えているのが特徴。オーダーが入る度にアツアツのご飯をひとつずつ握るので、ほかでは味わえないあたたかいめはり寿司がいただけるのも特筆すべき点だ。時間を置いためはり寿司は、味が全体になじんでまた違う味わいに。店内で食べて、おみやげにテイクアウトすれば異なる味が楽しめるので、試してみてはいかが。

おすすめは、めはり寿司に串カツやとん汁が付くおためしセット(1350円)。単品のめはり寿司(4個640円)はテイクアウトOK。

ポイント

  • めはり寿司は、高菜の漬物で俵型のおにぎりを包んだ南紀エリアのソウルフード。
  • 1962(昭和37)年創業の「総本家めはりや 新宮本店」では、秘伝のタレが味の決め手。
  • オーダーが入る度にアツアツのご飯を握って提供。

写真

  • 新宮本店の外観

    新宮本店の外観

  • めはり寿司以外のメニューも多数

    めはり寿司以外のメニューも多数

  • 定番のめはり寿司

    定番のめはり寿司

  • ご飯の中には刻んだ高菜入り

    ご飯の中には刻んだ高菜入り

  • 味噌だれで味わうおでん

    味噌だれで味わうおでん

  • 座敷などさまざまなタイプの客席があり

    座敷などさまざまなタイプの客席があり

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
総本家めはりや 新宮本店
郵便番号
647-0006
住所
和歌山県新宮市薬師町5-6
電話
0735-21-1238
定休日
水曜
時間
11:00〜22:00(LO21:00)
予算
2,000〜3,000円
アクセス
JR紀勢本線「新宮」駅から徒歩約12分
クレジットカード
可(VISA, MasterCard)
公式サイト
公式サイト(日本語)