公式情報 掲載施設による公式確認を経た情報です。

宇和島城

宇和島伊達家が造った現存12天守のひとつが残り、1601年に築城の名手・藤堂高虎によって築かれた宇和島を象徴する城。

3.58 1

城、国指定重要文化財、国史跡

築城の名手として知られる武将・藤堂高虎によって1601年に、標高80mの丘陵地に築かれた宇和島城。その後1661年から約11年の歳月をかけて、当時の宇和島藩主伊達宗利が大改修を行った。現存12天守のうちの一つで、国の重要文化財にも指定される。

宇和島城のみどころの一つが、高く張り巡らされた石垣だ。新旧さまざまな時代に築かれた石垣があり、長い年月をかけ苔むし、その歴史を感じつつ城内散策するのもおもしろい。また、天守も整形された石垣の上に築かれ、白亜の美しい姿が魅力的。天守内の見学も可能で、急勾配の階段を上り最上階へ向かうと、そこからは宇和島湾や宇和島市街地を一望することができる。

また、築城から300年以上大切に守られてきた宇和島城内には、珍しい植物や巨大な樹木などが残るほか、市指定文化財の上り立ち門などみどころも多数。宇和島城がある城山は国の史跡にも指定されている。

ポイント

  • 1601年に築城の名手・藤堂高虎によって築かれた城。
  • 日本の現存12天守の一つで、国指定重要文化財。
  • さまざまな時代に築かれた石垣はみどころの一つ。
  • 整形された石垣の上に築かれた白亜の天守も美しい。
  • 天守最上階からは宇和島湾や宇和島市街地を一望することができる。

写真

  • 整形された石垣の上に築かれた天守は、桜の季節も美しい

    整形された石垣の上に築かれた天守は、桜の季節も美しい

  • 天守内は障子戸が残り、格式の高さをうかがわせる

    天守内は障子戸が残り、格式の高さをうかがわせる

  • 石垣越しに望む天守は絶好の撮影ポイント

    石垣越しに望む天守は絶好の撮影ポイント

  • 自然石を積み上げて築いた力強い石垣

    自然石を積み上げて築いた力強い石垣

  • 市指定文化財の上り立ち門

    市指定文化財の上り立ち門

  • 宇和島市の丘陵地に築かれた城

    宇和島市の丘陵地に築かれた城

公式FAQ

Q

外国語対応は可能ですか?(可能な場合、対応言語もお知らせください)

A

HPにて英訳パンフレットを掲載。宇和島市観光情報センターにて英語のガイドが可能。

Q

再入場(再入園)は可能でしょうか。

A

特に規定なし。

Q

施設内で利用可能な無料Wi-Fiはありますか?

A

Ehime Free Wi-Fiあり

Q

飲食は可能ですか? また、飲食物の持ち込みは可能でしょうか。

A

建物内は不可。

Q

コインロッカーはありますか?

A

北側登城口(桑折氏武家長屋門)にあり

Q

お得なチケットはありますか?

A

えひめ南予きずな博(〜2022年12月25日)発行のきずなカードを提示で2割引

口コミ

1
  • Kitty Yu

    是日本百大名城和現存12座天守城堡之一,宇和島城保存良好。

基本情報

日本語名称
宇和島城
郵便番号
798-0060
住所
愛媛県宇和島市丸之内
電話
0895-22-2832(天守受付)
定休日
無休
時間
開門6:00〜18:30(11〜2月は〜17:00)
天守9:00〜17:00(11〜2月は〜16:00)
料金
入場料大人200円、小・中学生無料、65歳以上160円(身分証明書要)
アクセス
JR予讃線「宇和島」駅から徒歩約15分(登城口まで)※天守までは約35分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)
最終更新 :