公式情報

萬翠荘

フランス式のネオルネッサンスの様式で建てられた館。

3.00 1

名所 国重要文化財

大正11年(1922年)に旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨 伯爵が、別邸として建設した萬翠荘。陸軍駐在武官として長くフランスで暮らした経験により、フランス式のネオルネッサンスの様式で建てられた。

建築は当時優れた建物を数多く手がけていた、木子七郎によるもの。フランスへの熱い思いを抱いていた伯爵の期待に応えるために、木子は数ヶ月間ヨーロッパを訪れ西欧の建築を学ぶ。そして、デザイン、構造、調度、装飾など全てを第一級品で設え完成し、ヨーロッパの人も驚くほどのフランス風の美しい建造物となった。

地下1階、地上3階、愛媛県で最も古い鉄筋コンクリート造りの建物である。第二次世界大戦の被害を受けることなく建築当時の姿をそのまま現代に残していることから、愛媛県指定有形文化財、そして国重要文化財にも指定されている。

萬翠荘の建築そのものの美術的価値も高いが、さらに、絵画、掛け軸、伝統芸術品の展示や、各種イベント、個展を随時行っておりこちらもぜひチェックしたい。

ポイント

  • フランス式のネオルネッサンスの様式で建てられた建物。
  • 建築当時の姿を、第二次世界大戦の被害を受けずそのまま現代に残している。
  • 愛媛県指定有形文化財、そして国重要文化財にも指定。

写真

  • 愛媛県で最も古い鉄筋コンクリート造りの建物である萬翠荘。

    愛媛県で最も古い鉄筋コンクリート造りの建物である萬翠荘。

  • デザイン、構造、調度、装飾など全てが第一級品。

    デザイン、構造、調度、装飾など全てが第一級品。

  • 踊り場壁面のステンドグラス。

    踊り場壁面のステンドグラス。

  • フランス式のネオルネッサンスの様式で建てられた。

    フランス式のネオルネッサンスの様式で建てられた。

  • 外観ライトアップの様子。

    外観ライトアップの様子。

口コミ

1
  • 傅玉婧

    花了$300日元進去參觀,內部沒什麼就是一間很單純的法式建築物

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
萬翠荘
郵便番号
790-0001
住所
愛媛県松山市一番町3-3-7
電話
089-921-3711
入場料
大人 300円、子供100円
※詳細は公式サイトでご確認ください。
定休日
月曜日(祝日は開館)
※一部変更有り。詳細は公式サイトでご確認ください。
営業時間
9:00-18:00
※イベントにより変更となる場合があります。
アクセス
伊予鉄道「大街道」駅から徒歩約5分
公式サイト
公式サイト(日本語)