公式情報 掲載施設による公式確認を経た情報です。

蔵王温泉大露天風呂

豊かな自然に囲まれ蔵王の湯を満喫できる渓流沿いの露天風呂。

更新 :

開湯1900年以上の歴史を持つ日本屈指の古湯、蔵王温泉。強くこすらずとも脂分が落ち、肌を白くする国内有数の強酸性泉で「美人の湯」とも称される蔵王の湯を気軽に楽しめると人気の立ち寄り湯がこちら。

趣ある門をくぐり、階段を下りてゆくと渓流沿いに自然石を組んだ露天風呂が現れる。湯船は200人が一度に入れるほどの広さがあり、川のせせらぎや野鳥のさえずりを聞きながらの入浴は開放感たっぷり。夏は新緑、秋は紅葉を眺めながらゆったりと湯浴みを楽しめる。露天風呂は男湯・女湯ともに上下2段ずつの湯船があり、好みの温度のお湯を選べる。

自慢の強酸性泉は抜群の効能だが、その成分の強さゆえに注意点も多い。お湯が目に入ると非常にしみる上に、飲泉はもちろん不可。強い酸性で貴金属が黒く腐食してしまうため、腕時計やアクセサリーは入浴前に必ず外さなければならない。服が傷まないよう、入浴後は体をよく拭くことも重要だ。湯上り後は併設の休憩スペースでひと息。冷たいジュースやビールのほか、名物の玉こんにゃくも味わえる。

ポイント

  • 渓流沿いにある蔵王温泉の日帰り湯。
  • 自然石を組んだ開放的な露天風呂は200人が入れるほどの広さ。
  • 日本有数の強酸性泉のため、腐食する貴金属は必ず外すこと。
  • 休憩スペースでは地元の名物「玉こんにゃく」も味わえる。

写真

  • 自然と一体になった気分で入浴を楽しめる

    自然と一体になった気分で入浴を楽しめる

  • 野趣あふれる雰囲気が非日常感を演出

    野趣あふれる雰囲気が非日常感を演出

  • 趣あふれる門

    趣あふれる門

公式FAQ

Q

外国語対応は可能ですか?(可能な場合、対応言語もお知らせください)

A

簡単な英語なら対応可。

Q

再入場(再入園)は可能でしょうか。

A

チケット提示にて可(退場から再入場までの時間が空きすぎなければ)。

Q

施設内で利用可能な無料Wi-Fiはありますか?

A

ありません。

Q

コインロッカーはありますか?

A

有り(有料 100円)、

口コミ

基本情報

日本語名称
蔵王温泉大露天風呂
郵便番号
990-2301
住所
山形県山形市蔵王温泉853-3
電話
023-694-9417
定休日
冬季(11月上旬~4月下旬)閉鎖
時間
平日9:30〜17:00(最終受付16:30)、土日祝9:30〜18:00(最終受付17:30)
料金
入浴料大人700円、小人(1歳以上12歳未満)400円
アクセス
JR「山形」駅から山形交通バス「蔵王温泉」バスターミナル下車、徒歩18分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)