和食クッキングで日本の暮らしを体感!

最終更新 :
筆者 : 編集部

国土が南北に長く、豊かな自然に恵まれた日本では、それぞれの地域に根差した多様な食文化が育まれてきました。自然の美しさや四季の移ろいを料理や器で表現することも、日本の食の大きな特徴です。このような「自然を尊ぶ」という日本人の食に関する習わしは、「和食;日本人の伝統的な食文化」として、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。一汁三菜を基本とする和食のスタイルは理想的な栄養バランスといわれ、世界中から注目されています。

「Washoku Home Cooking 真智子」は、日本に滞在する外国人向けの和食料理教室。講師の自宅教室で日本の暮らしを実際に体感しながら、和食の定番・一汁三菜や大阪グルメといったさまざまな料理を自分で作って食べる体験は、旅の思い出作りにもぴったりです。

調理の前にまずは和食についてレクチャー

体験できるメニューは、一汁三菜、巻きずしやちらし寿司、大阪グルメ、和菓子とお抹茶など、実に多彩。ベジタリアンやビーガン、ハラールのお客さまには、オリジナルメニューを用意するのはもちろん、必要に応じて食器や調理器具もすべて分けて対応しています。今回体験するのは1番人気のメニュー、大阪定番グルメ・お好み焼き&たこ焼き。調理を始める前に、和食インストラクターの資格を持つ講師が和食について解説し、日本の食材や地方それぞれの出汁の文化なども説明してくれます。

まずはダイニングで、タブレットを使って和食についてのレクチャータイム。
まずはダイニングで、タブレットを使って和食についてのレクチャータイム。
事前に食べられないものなどを確認し、その人に合わせた食材を用意してくれます。
事前に食べられないものなどを確認し、その人に合わせた食材を用意してくれます。
リビングルームにある、祖母から受け継いだという漆塗りの調度品についても解説してくれます。
リビングルームにある、祖母から受け継いだという漆塗りの調度品についても解説してくれます。

みんなでおしゃべりしながらクッキング♪

レクチャーの後はキッチンに移動して、まずはお好み焼きから調理をスタート。かつお節を削ったり、食材を刻んだり、わいわいとおしゃべりを楽しみつつ調理を進めていきます。外はカリッと、中はふわふわのおいしいお好み焼きを作るには、さまざまなポイントが。講師がコツを解説しながら一緒に料理してくれるので、初心者でも安心してチャレンジできます。

削りたてのかつお節は味も香りも格別!
削りたてのかつお節は味も香りも格別!
一つひとつの工程でコツを伝授してくれます。
一つひとつの工程でコツを伝授してくれます。
お好み焼きが完成!できたてアツアツをいただきます。
お好み焼きが完成!できたてアツアツをいただきます。

わいわい盛り上がるたこ焼きパーティー!

お好み焼きを食べ終わったら、そのままダイニングテーブルでたこ焼き作りを始めます。今回作るのはオーソドックスなたこ焼きと、トマトやチーズを入れたイタリアンたこ焼きの2種類。講師が焼くところを見せてもらった後、一人ずつ順番にたこ焼き作りに挑戦します。うまくひっくり返せるかドキドキわくわく、盛り上がること間違いなしです。

大阪には一家に一台たこ焼き器があると言われるほど、定番のメニューです。
大阪には一家に一台たこ焼き器があると言われるほど、定番のメニューです。
千枚通しという道具を使って、一つずつたこ焼きをひっくり返します。
千枚通しという道具を使って、一つずつたこ焼きをひっくり返します。
たこ焼きが完成。真ん丸きれいに焼けました!
たこ焼きが完成。真ん丸きれいに焼けました!

この体験ができる施設はこちら!