ガイドブックにも載っていない、徳島鳴門ならではの体験!のどかなレンコン畑を散策

2021年12月16日
最終更新 :
筆者 : 編集部

季節ごとに異なる表情を見せるレンコン畑。全国有数のレンコンの産地である徳島県では、鳴門市内にもレンコン畑が点在。大きなハスの葉が生い茂り、大輪の花が開く6月から8月や、コウノトリが巣作りや子育てをする2月から5月など、四季折々の景観で楽しませてくれます。そんなレンコン畑の、ガイドブックにも掲載されていないような田舎道をレンタサイクルで散策! このツアーならではの景色を堪能しに、お出かけしてみませんか。

JR池谷駅を出発、レンコン畑をポタリング

ツアーのスタートは9時。レンタサイクルで大麻山を背景に、のどかに広がるレンコン畑をのんびりと自転車で走ります。浅く水が張られたレンコン畑には、小魚や昆虫、爬虫類などが生息するため、国の天然記念物コウノトリの絶好の餌場になるとか。2月から3月にはコウノトリが巣作りをはじめ、5月に巣立つまでコウノトリの子育ての様子を見ることもできます。また、6月から8月にかけては見渡す限り大きなハスの葉が広がる蓮畑に! 7月に入ると蓮の花も咲き、よりフォトジェニックな風景に出会うことができます。ガイドの案内もあるので、レンコンについてはもちろん、その豊かな自然についての話も聞くことができるので、散策がより充実したものになります。

2月から5月頃まではコウノトリを見るチャンスも。
2月から5月頃まではコウノトリを見るチャンスも。
7〜8月には蓮の花が大輪の花を咲かせます。
7〜8月には蓮の花が大輪の花を咲かせます。
ガイドによる解説で、見える風景もまた違ったものに!
ガイドによる解説で、見える風景もまた違ったものに!

ポタリングのあとは、「農産物直売所えがお」へ

レンコン畑散策の後は鳴門の美味が集結する「農産物直売所えがお」へ。春はサクラダイと呼ばれ旬を迎えるブランド鯛「鳴門鯛」、夏は鳴門の特産品の梨、秋は甘くてホクホクの鳴門金時はもちろん、レンコンや鳴門わかめも食べごろ。地元ならではの四季折々の旬の食材をじっくり吟味しながら選ぶのも、このツアーのポイントです。ほかにも、イートインコーナーもあり、肉厚で歯ごたえ抜群の鳴門わかめがたっぷり入ったうどんや、鳴門金時のアイスクリームなど、気軽な軽食を楽しむこともできます。

鳴門の旬の「おいしい」が揃う農産物直売所えがお。
鳴門の旬の「おいしい」が揃う農産物直売所えがお。

ツアーの締め括りは、「れんまるカフェ」でレンコン料理に舌鼓!

ツアーの最後は、レンコンを使ったさまざまな料理が絶品の「れんまるカフェ」でランチをいただきます。色が白く、シャキシャキとした歯ごたえとソフトな口当たりが特徴の鳴門のレンコンを食べて、鳴門の食文化を体験! 吹き抜けの高い天井や、大きなガラス窓が開放的で心地よい空間。さらにこちらのお店の中には、なんとレンコン畑が! 季節によってはハスの花が咲き、畑のまわりの席で食事を楽しむこともできます。
仏教で神聖な植物とされる蓮の花や、レンコン畑に飛来する「幸せを運ぶ」とされるコウノトリに出会い、日本では、「将来の見通しがよい」として縁起の良い食べ物とされるレンコンをいただくこちらのツアー。参加すると「ハッピー」が舞い込むかも知れませんね。

店内にレンコン畑がある一軒家カフェ。
店内にレンコン畑がある一軒家カフェ。
レンコンをはじめ、地元の新鮮な食材をふんだんに使った料理に舌鼓!
レンコンをはじめ、地元の新鮮な食材をふんだんに使った料理に舌鼓!