明月院

あじさい寺として知られる北鎌倉のお寺

3.58 1

明月院は、臨済宗建長寺派に属する寺。本尊は聖観音菩薩坐像を祀る。
あじさい寺として知られており、6月のアジサイの満開時には約2,500株のヒメアジサイで境内一面が青く染まる。その淡い青色の花は「明月院ブルー」と呼ばれている。同じくあじさいが咲く時期に境内奥の菖蒲園では、花しょうぶを観賞することも可能(別料金)。
あじさい以外にもロウバイ・梅・桜・モミジ・カエデなどが植えられており、それぞれの季節ごとに美しい光景を楽しめる。また、本堂にある丸窓は「悟りの窓」と呼ばれ、悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現したもの。窓からは美しい後庭園が見える。綺麗に手入れされている枯山水庭園や、鎌倉の中でも最大級のやぐらも見どころの一つ。

ポイント

  • あじさいの季節になると、多くの観光客で賑わう。
  • 四季折々に美しい植物が植えてあり、年間を通じても楽しめる。
  • 美しい庭園も見どころの一つ。

写真

  • 明月院 悟りの窓
  • 山門に咲く紫陽花
  • 美しく手入れされた枯山水庭園

口コミ

  • 周志瑋

    它是鎌倉眾多寺廟中著名的繡球寺之一。
    11月初,沒有看到繡球花,但你可以享受一個美麗的花園。
    11月下旬,有許多樹木可能會被秋葉著色,所以我想在那時再次訪問。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

創建年代
1160年
郵便番号
247-0062
住所
神奈川県鎌倉市山ノ内189
電話
0467-24-3437
入場料
300円 6月は500円
(6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり※別途500円必要)
定休日
無休
時間
9:00-16:00(6月は8:30-17:00)
アクセス
JR横須賀線「北鎌倉」駅から徒歩約10分