飛鳥山公園

東京屈指の桜の名所

3.95

公園

1720年、将軍・徳川吉宗が桜を植え、庶民に開放した日本最初の公園。都内屈指の桜の名所で、園内には約600本の桜がある。また、アジサイやツツジなどの草木も多い。
駅近くから自走式モノレール「あすかパークレール」が運行しており、約2分で高台に着く。車両はカタツムリに似ていることから愛称は「アスカルゴ」。乗車無料で、車いすやベビーカーでもそのまま乗ることができる。

ポイント

  • 公園内には、北区飛鳥山博物館、紙の博物館、渋沢史料館もある。(入場有料)
  • 桜の季節は、夜間ライトアップされた幻想的な夜桜を見る事ができる。
  • かつて使われていた本物のSLや都電が展示されている。
  • 遊具や、裸足で遊べる水辺もあり子どもが楽しめる。

写真

  • あすかパークレール
  • 蒸気機関車D51853

口コミ

  • 陳惠靖

    飛鳥山公園的纜車真的是很可愛,小小一台。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

郵便番号
114-0002
住所
東京都北区王子1-1-3
電話
03-3908-9275(北区土木部道路交通課)
入場料
無料
定休日
無休
時間
終日散策自由
あすかパークレール運転時間
10:00-16:00
※運休:毎月第一木曜午前(4月は第三木曜午前、7月第一木曜は終日)、12/29-1/3、悪天候時
アクセス
(1) JR京浜東北線「王子」駅から徒歩約1分
(2) 東京さくらトラム(都電荒川線)「飛鳥山」停留場から徒歩約1分
(3) 東京メトロ南北線「王子」駅から徒歩約3分
公式サイト
公式サイト(日本語)