公式情報

矢切の渡し

柴又と松戸を結ぶ歴史ある渡し船

3.72

1600年代から続く歴史ある渡し船で、葛飾区柴又と対岸の千葉県松戸市を結ぶ。
時刻表はなく、ある程度の人数が乗船したら随時運航。
手作り感のある桟橋を渡り、船が停泊していたら船頭さんに料金を支払い乗り込む。船がいなくても対岸からすぐに船が来るのでそのまま並んで待っていよう。昔ながらの手漕ぎ船で、都会の喧騒を忘れさせてくれる、のんびりした約5分間のクルーズだ。天候や川の流れの状況等により、運休となったり、モーターを使用することもある。
葛飾区側は、葛飾区柴又帝釈天から徒歩5分、映画『男はつらいよ』の舞台でもある人気の観光エリアなので、観光プランに組み込むのもお勧めだ。

ポイント

  • 歴史ある渡し船体験ができる。
  • 約5分乗船で対岸へ行ける。
  • 係員はおらず、目立つ看板もない。
  • 定員は1曹30名。

写真

  • 矢切の渡し
  • 船着き場(柴又側)
  • 船からの眺め
  • 夕日

口コミ

  • 葉瑄儀

    帶著滿懷希望的心情想要來體驗,現場環境設備感覺很簡陋,和想像的有落差所以只有拍完照就離開了

  • Rise

    矢切渡船码头是自日本江户时代就有的渡船口。也是由石本美由作词,船村彻作曲的那首“矢切之渡"歌曲的背景地。我特别喜欢这首有些忧伤的爱情歌曲,所以一直想到这里来看看。静静的河面和对岸的风景令人遐想万千。在繁华喧嚣的东京还有这么一片能让人感受到江户时代风情的地方,实在是让人感动。可能是因为脑子里始终有那首委婉凄切的歌曲的原因,我感到这里的一切都像是一幅充满诗意的电影场景。可惜,当时时间不够用,没有体验一下坐在渡船上的感觉。下次一定要补上。

  • 林佳靜

    東京都內現在還唯一保留的渡船,沒有時刻表~人到了差不多後就可以開船,搭船時間大約5分鐘。連結往返葛飾區柴又和千葉縣矢切,行走不久後船夫就改由馬達驅動船隻和之前的想像有落差

  • luich

    不用跑到鄉下地方,在東京就可以體驗到充滿歷史懷舊的樂趣

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
矢切の渡し
郵便番号
125-0052
住所
東京都葛飾区柴又7-18先
(松戸側:千葉県松戸市下矢切1257)
電話
047-363-9357(矢切渡船事務所)
乗船料(片道)
大人(中学生以上)200円、子供(小学生以下) 100円
定休日
3月中旬~11月:休み無し
12月~3月上旬:平日休み(土日祝日と年末年始、帝釈天縁日に運航)
※天候や水位の状況により運休の場合あり
時間
10:00~16:00頃
アクセス
京成金町線「柴又」駅から徒歩約10分
公式サイト
公式サイト(日本語)